焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

実技理論

ガナッシュのすすめ

やっと涼しくなってチョコレートを扱うのも躊躇せず出来るようになってきました。 っと言いたいところですが、昨日今日の東京の気温は 秋の気候とは言い難く、昨日何ぞは再びクーラーのお世話に。 もう10月ですよーっと空に向かって叫びたいぐらいです(笑…

日々是乳化

プライベートレッスンではその人その人の気になる事を掘り下げる授業をしています。 今回は以前の「ういろう事件」勃発からそれを解明すべく同じ配合で再び。理解力を深めるには繰り返しやっていくのは効果的。 デモンストレーションの必要性 ハンドミキサー…

たどり着いた別立て法

前回の'ういろうケーキ'が悪いというわけではありませんが ちょっと残念な感じになりますよね。 乳化がうまくいけばちゃんとした'パウンドケーキ'になるわけで...(笑) でもこの乳化がなかなか難しい...配合を変えるのも....う〜ん じゃ、配合は変えず作りや…

プライベートレッスン

最近はお天気も安定していないし 来るの大変かもと思ってお休みしますか?の連絡をしてみたのですが 「お天気午前中は大丈夫そうなので予定どうり行きますっ!」 というわけで、予定通りのスタート。 計量から 製法、それぞれ 検証 安定感にやられる 計量か…

同じ生地でも違う食感

スポンジ生地にもいろいろある事はお菓子をつくる方ならご存知だと思います。 基本製法 〈別立てスポンジ生地(ビスキュイ)〉 基本製法 共立て 別立て オールインミックス これにバターが入るのと入らないのがあったり 呼び名もいろいろ.... スポンジ(英語…

平らに焼き上げるということ

我がボンボンシエルのマドレーヌは大きな昔ながらのジャパニーズスタイルです。 毎回特に何を変えるわけでもないのに'微妙'に焼き上がりの見た目が違って、その度に まだまだ修行がたりんな・・・・ と、なるわけです。 うちのボンボンシエルマドレーヌはフ…

早ければ繋がる訳ではないのだ

製菓理論を教える仕事をし始めてから ただただひたすらに作り続け、常に安定した仕上がりを目指して日々集中するという現場目線より なぜこうなるか。なったのか。 という作り上げるものに対する自分への納得を強く求めるようになった気がします。 出来上が…

〈私なりの解釈・・・〉と失敗をたのしむ事

今回は私が持ってる資料でバターケーキの失敗と原因がまとめてありましたのでご紹介しようと思います。教本から抜粋したものなのでイメージがしにくい部分もあるかと思います。勝手な〈私なりの解釈・・・〉も追記しましたので参考にしていただけたら嬉しい…

卵はきちんと液状に

先日の我がボンボンシエルの短期集中講習の実習で… 作っていたのはカトルカール。 良い状態にしたバターに砂糖をすり混ぜ、立ててそこに全卵を入れて行くのですが ボールの全卵を溶いてるのを横で見てたんですけど、シャカシャカ混ぜてそれで終わりにしよう…

バター生地 フラワーバッター法

バター生地の基本製法フラワーバッター法について 前回、バター生地の基本製法シュガーバッター法についてご紹介しました。今回はもうひとつの基本フラワーバッター法について。 バター生地のこの2つの基本製法はやはりきちんとおさえておきたいです。 油脂…

バター生地 シュガーバッター法(別立て法)

バター生地の製法のひとつシュガーバッター法の別立て法について 油脂と砂糖をすりあわせた後に卵、粉を加える これが基本 シュガー(砂糖)+バター(油脂)から始めるのがシュガーバッター法。共立て法は、お菓子を作られる方ならだいたい一度はやった事の…

バター生地について 

お菓子についていろいろな切り口からお話していきたいと思っています。 そして 教科書に載っているちょっと専門的な言葉をわかりやすい優しい言葉に差し替えてご紹介したいなとも思います。 今回は焼き菓子の基本パウンドケーキに代表されるバターを使った生…