昨日の授業「分類」

昨日の授業は

「実技理論」の導入から
{97296850-001B-4455-8901-697603DF4FEC}

教科書はだいたい新しい単元に入る時

種類や分類の説明から入る事が多いです。

ボンボン理論も昨日もまずは分類から…

実技での分類は「製法」から分類されたりするんですね。

この分類の名称がなかなか面白くて

例えば

プリンなんかは「凝固生地」
卵の熱凝固を利用して作られているって事でしょうか(^_^)

パティシェール(カスタードクリーム)に至っては「煮上げ生地」
になります。確かに火をしっかり入れて(糊化)仕上げるクリームです。

聞きなれないですよね?

普通はパティシェール、プリンで済んじゃいますもの(^_^)

私の場合はでてきちゃうんですね。

「これは煮上げ生地だからさぁ」

「……。」

「これは凝固のね」

「……。」

専門学校講師時代これで結構反省してました。
まだお菓子の事何も知らない若い子達にはわかりやすい優しい言葉で説明すべきだと。。。


最近はそういう反省会はあまり無くなりました。

「へー!知らなかったぁ!おもしろ〜い」

という反応が殆どだからです(^_^)
昨日の授業でも…

勉強って
この
「へー!知らなかったぁ!おもしろ〜い」

が、とてもとても大事だと思います(^_^)

教えるのも、受けるのもいかに愉しめるか。

さて、今日も愉しんでいきまっしょ٩( ᐛ )و
















製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!