オレンジ・フルーツ・クランチ

最近、時間があると開いてしまう「洋菓子百科事典」

 
気になるお菓子が出て来たらみなさんにもご紹介しますね。
 
{A6CC27F7-EDD5-425D-B41C-26A3366913B3}

本日はこちら
 
《配合》
オレンジ果汁  1個分
水       適量   果汁とあわせて150ml
デーツ      50g
レーズン     25g
オートミール   110g
薄力粉      40g
ざらめ糖     40g
バター      75g
 
《製法》
⑴オレンジ果汁に水を加えて150mlにし、種を取って粗刻みにしたデーツとゆがいて粗刻みにしたレーズンを加え、火にかけてとろみをつけ、皿に移して冷ます。
⑵ボウルに粗刻みにしたオートミール、ふるった薄力粉、ざらめ糖を入れて混ぜ、バターを加えて、混ざったら⑴とひとまとめにする。
⑶⑵の半量を型に敷いて指で押さえて型になじませる。残りの生地は別に取り置き、両方とも冷蔵庫で休ませる。
⑷⑶を敷き込んだ生地の上に、残りの生地をほぐしてふりかけ、軽く手で押さえる。
⑸180℃のオーブンで35分焼、粗熱を取った後、4cm角に切る。
 
 
このかりかりした食感というのはざらめ糖を使うところからくるんでしょうね。
製法には書いてありませんが多分、バターはやわらかくして使うのだと思います。
無塩バターを使うのならば塩を少し添加しても良さそうです。デーツが手に入りにくいようなら違うものでもいいかもしれませんね。私が差し替えで思いついたのはドライプルーンかな。
 
配合をながめながらいろいろ考えるのも楽しいですよね。
作ってみたらまたこちらでご紹介します٩( ᐛ )و







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!