メレンゲの違い

シフォンとガトーショコラ
「別立て生地」ではありますが
それぞれメレンゲの立て具合はまったく違います(^_^)

違うを語る前に言っておかなければならないのが、本などではメレンゲは「しっかり固く立てる」などとあるかと思います。

気をつけなければならないのは
「しっかり立ててる」が
「立たせ過ぎてる」にならない事。

バサバサなメレンゲにしないように。
しっかりしてるメレンゲとは
「きめ細やかで艶やか」です(^_^)
見極めのポイントとしては

「蛍光灯の光の下でピカピカしてる感じだよ」
(これ学校の実習の際言ってた岡本語録のひとつ(^_^))


↓こちらはシフォン
ボールからホイッパーを持ち上げるとメレンゲの塊がくっついて来ています。よく言われる角が立つの感じ。

{7A0819FD-E9C1-4DD6-A49D-9B80EAEB18BB}
{65DEEC2B-C695-462A-8CF1-B35DA9608521}

↓こちらがガトーショコラ
ボールからホイッパーを持ち上げるとすーっと先が垂れるくらいの柔らかさです。

{41AD16FA-43EC-4902-B889-61A0A1DDE57F}
{CE417FC4-02E8-47CC-86F6-1F5CD65A9FE5}

メレンゲの立たせ方はその作るお菓子の種類によって変化させなければならないわけですが私が気をつけているのは

「艶やか」
であると言う事。

別立て生地の場合メレンゲともう一方の生地を合わせる作業があるのでバサバサのメレンゲだと

合わせにくい→余計に混ぜてしまう

になりがちです。

メレンゲの状態が生地状態に大きく影響しますのでしっかり安定したメレンゲ作りを目指してくださいね。










製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!