焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

嬉しいご報告♬

先日のワークショップの参加者さんからメールをいただきました!

「お砂糖の話」の後いろんな話をしたのですがその中で「マドレーヌのコブ」の話をしてて…その後のご連絡。。。
 
❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎
 
その後マドレーヌは
 ▪️生地をキンキンに冷やす
 ▪️温度を調節しながら焼く
 ▪️生地を冷やし、さらに温度を調節

と何回か焼きました。

生地が多い方がコブができやすいかと生地を型に入れすぎ大噴火させてしまったり、コンベックの風が強すぎせっかくのコブが横に流れてしまったり…。

いまだに安定せず、なかなか思い通りにはいかないことも多いですが、理屈がわかっているから失敗も楽しく次への挑戦につながっています。
(一応、コブは作れるようになりました!)
 
❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎
 
抜粋です(^_^)
 
私が凄く嬉しかったのは
「理屈がわかっているから失敗も楽しく」という一言。マドレーヌの生地温度、火の入り方など短い会話の中で少し説明させて頂いただけなんですけどキチンと実践して自分の物にされているのがよくわかります。この方の相棒のオーブンは20年来の付き合いなんですって!それも素敵です。
 
丁寧なお礼のお言葉と共に頂いたメール。
 
ほんとに嬉しくてお菓子を通じてこんな風にいろんな方々とお会いする事が出来てお菓子やってて良かったっ!としみじみ思うのでした。感謝。