焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

我が家パン…そして焼き色

{519AE941-F07A-4AC7-9E97-71B0861EA437}


家で食べる用のパンはいつも大抵そのまま何も塗らずに焼いているのですが…

今回は塗り卵をして焼成しました。
 
当たり前ですけど…艶良くあがりますね(^_^)
 
製菓理論の卵の単元には、卵のその他の特徴として
 
 
卵は糖類、特に転化糖などと加熱すると、メイラード反応をお越して着色する。艶出しの目的で菓子の表面に卵を塗って焼成するのはこのためである。(日本菓子教育センター「製菓衛生師全書」より)
 
そういえば以前勤めていたお店ではより濃くお菓子を仕上げるのに卵液の中にみりんを少し入れてましたね。
 
我が家パン売り物ではありませんからあまり仕上がりに気を使わず焼き上げる事ができますけど、焼き色ってかなり重要ですよね。
 
自然体でのビジュアルマーチャンダイジング(^_^)
 
塗り卵もいい加減にはできませんね。