焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

ちょっとしたブラウニーのこだわり

{3803209D-685C-4543-B91B-F08EBAD76ED1}

今日はブラウニーを焼き上げ。

作り勝手を考えながらレシピを起こしました。
ブラウニーはカジュアルな焼き菓子
作るのもカジュアルにという事で?(^_^)
 
ミキサーじゃなくて今回はフードプロセッサーを使ってみました。
 
バター、砂糖を立てて→卵→チョコレート→オレンジピール→粉類までどんどん回していくだけです(^_^)
 
ただしっ!
 
卵は常温に戻す
溶かしたチョコレートも常温
この温度管理はきちんとやりましょう。
フードプロセッサーはすぐ熱持つのでバターの状態も結構すぐ変わります。状態を確認しながら作業しましょう。
なんでもそうですけど機械任せにはしない事は大事です。
 
今回はチョコレートと相性の良いオレンジの風味を効かせる為にピールを使いました。ピールは生地に混ぜ込みます。熱が入り過ぎるとピールが固くなってしまうので生地でピールの周りをカバーする感じで。
 
クルミは表面に香ばしく火が入るようにこちらは生地には混ぜ込みません。
 
ちょっとした事なんですけどなんかこだわってしまう(^^;;
 
我がボンボン・シエルのブラウニーはバターケーキのような仕上がりです。ねっとり濃厚なタイプのブラウニーもありますが、うちのは軽めです。
 
なので2個入り(^_^)
 
{F959C716-C1F4-421E-A239-96681982AEB6}
焼き立てよりも少し日を置いた方が美味しいと思います。ギフト好適品♬