焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

膨張剤そして膨らむ彼女のこれから

昨日は午前中に理論の生徒さんがある報告と一緒に受講を(^。^)

 
{48BC219E-3461-4942-9C6F-53A8EF9653DF}
昨日は補助材料である「膨張剤」や「凝固剤」の授業。
製菓における膨張作用について、その内の「科学的膨張」を促す膨張剤の話
 
それから凝固剤のいろいろ…動物系のゼラチンや植物系の寒天、カラギーナン、ペクチンなどの「固める」材料の話
 
授業を始める前……
 
「先生、報告があるんです!私自宅から近いパティスリーに転職する事が決まって(^_^)」
 
「おおっ!それはそれはっ!」
 
彼女は今まで通勤に片道一時間半かけてナチュラル系のベーグルや焼き菓子を扱うカフェも併設してるお店に長い事勤めていたのですが、自身のスキルアップの為に新しいお店に移る事を考えていたのでした。
 
今度のお店は地域密着型のTHE!パティスリー(^_^)お菓子屋さんの基本がたくさん詰まったお店のようです。
 
「ああ…今日膨張剤や凝固剤の話が出来て良かった!これからはこういう材料も使いこなす事になると思いますよ」
 
「そうですよねっ!今までやった事無かった生菓子とかもあるし…先生、私…ここで製菓理論を勉強して焼き菓子以外のお菓子もやってみたいと思うようになったんですよ」
 
彼女の思いは新しいお店の方にも真っ直ぐに伝わり面接したその場で採用が決まったそうです。
 
わくわくした瞳で報告してくれた彼女のこれから。どんな風に膨らんでいくのか私もたのしみ(^_^)
 
そして、現場ってたのしい事もあるし厳しい事もたくさんあるから…つらい事があったらいつでもうけとめるよ…っとつい余計な親心まで(笑)