電気とガス

お客様から質問メールをいただきました。


他にも気になる方がいらっしゃるかと思いましてこちらからお応えしてみようと思います(^_^)

質問の内容は

「家庭用の電気オーブンでは失敗した事が無かったのに、ガスオーブンだとうまく焼けない」

お応えする前に言っておきたいのですがこれからお話する電気とガスの違いはあくまでも私の経験からそう感じた事なので…なぜこんな前置きをするかと言うと

オーブンって一台一台違うからです。

ガスでも、電気でも。ですからお菓子を上手に焼けるようになりたいのなら「その使うオーブン」と友達になる必要があるという事です。

さてと…

ちょっとオーブンから離れて考えてみて下さい。

ガスコンロは「火」を点火して使いますよね。
電磁調理器はスイッチを押して「熱」を発熱させます。

「火」はぼうぼう燃えている
「熱」はじんわり熱くなる

この違いです。

ガスオーブンは火力が強くて火通りが早いと言われるのは「火」だからでしょう。だから予熱時間も短い。一方の電気オーブンはじんわり「熱」なわけだからなかなかオーブンの庫内温度も上がりにくい。

クッキーの裏が焦げて表面が生焼け。これはガスオーブンは下火が強いのでなりがちなんです。だって「火」って上からメラメラ燃えてるの見た事あります?(笑)

焦げてしまうのならそうならないように下火を弱くする必要が出てきます。オーブン温度を低く設定するとか、天板の位置を上の方に設置するとか、天板を2枚重ねて使うとか…

………

はじめにお話しましたけれど、お菓子を上手に焼けるようになりたいのならその使うオーブンと友達にならなきゃいけないわけですよね。ガスだからとか、電気だからとかじゃなく。そのオーブンと。

じゃどうしたらいいのかと言うと、これみなさんにお伝えしてますけど

使うオーブンに添付されている

「料理冊子」を見て下さい。

そこには必ずお菓子が載っているはず、その中から自分が作ろうとしているアイテムに近いものを選んでその温度設定で焼いて見て下さい。本じゃ無くてそのオーブンの冊子です。使おうとしているオーブンの機能で作っているはずですからそれに基づいて焼くのがそのオーブンを知る早道です。
保証書と一緒にしまいこんでたら駄目ですよ(^。^)

{D7622EA0-70A6-47EE-9A7F-66A755E9AB3E}

ちなみに我がボンボン・シエルのオーブンは電気オーブンです。デッキとコンベクション機能が切り替えられる優れものです(^_^)その代わりちょっとクセも強くて使いはじめはなかなか友達になれませんでした。今はいい相棒です。





















製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!