尊敬してるのは母…そして、さっくり混ぜるとは?

「私、世の中で一番尊敬してるの母なんです」


今日の仕事体験のお客様。。。

肝の座ったかっこいいお母様のお話沢山してくれました!


「以前お菓子作る時、本に書いてある'さっくり混ぜる'ってどういう事?って母に聞いた事あるんですけど…「…だからさっくりって事よっ」って返されて(笑)なんかよくわかんないんですよね。。。どういう事なんですか?」

お菓子作りながらそんな質問をしてくれた彼女。
正直お母様の答えも間違って無いんですけどね(笑)
{2A6CD610-7CF6-440A-8E43-F5EA7A67F7F0}

製菓理論的に言うと
グルテンが出ないように混ぜましょう
って事ですかね。

「さっくり」の他に「切るように」とかもよく聞くかもしれません。

グルテンというのは小麦粉に入っているタンパク質で「水分」と「力」を加えると粘りが出ます。

ここでいう「力」は「捏ねる」に置き換えて考えられると思います。パンは粉に「水分」と「力=捏ねる」を加える事によりあのパンの食感が生まれるわけです。

お菓子の場合、例えばクッキーなどは小麦粉の粘りが出てしまうとサクサク感やホロホロ感が出にくいので練ったり捏ねたりしないように工夫して混ぜて下さいという事を「さっくり」とか「切るように」と表現しているんです。力入れずに優しくて混ぜて下さい。とも言えるかな。

ただ、クッキーの配合は水分がそんなに入らない物もありますよね。その時はそんなに神経質にならなくても大丈夫。だって粘りのもとは
「水分」と「力」が加えられる事によって生まれるので(^_^)

{DFF92118-6D1D-4F91-8762-89301CE00BFB}

{3C0FEB9F-464C-452C-830D-91A370848F32}

焼き上がりをアプリを使って美味く出来たように加工しますっ!と言いつつパチリ。

まだ若い彼女…でもしっかりお母様の血を引いてしっかり地に足着いた感じでした。

お母様と2人で初めて飲みに行った話可愛かった!
「私がご馳走しようと決めてたんです。でも母は自分が払うつもりでいるからとにかくバンバン飲むんですよ!あの時はほんと参りました(笑)」

今日はなんだか昭和感溢れるいい話が満載(^_^)
















製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!