焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

スィーツ男子がやってきた『研究者編』

体験の申し込みの際

「僕は身体が大きいので出来ればマンツーマンを希望します」
 
え?大きいって縦に?それとも横?
いや、縦と横?
 
本当に珍しい男性の方の申し込み…入り口狭いしなぁ、通れなかったら棚外すしかないな。
 
申し込み頂いてから想像は膨らむばかり(笑)
 
すっごく美味しい手土産を片手に現れた彼は確かに背は高いけど普通の青年。
 
{861FFA8C-8F08-4F55-BF76-FF3E1EBACB28}

頂いた大学いも!めちゃくちゃ美味しかった!
彼曰く本当はこのお店ではもっと美味しい人気の品があるんですけど売り切れてて…とのこと。
 
こういう手土産をさらっとセレクトするあたり只者ではない…そう!かなりの強者でした!
 
久しぶりに手答えのあるお菓子談義に花が咲いた体験でしたね〜
 
「僕は全然素人なので…」と終始言いながら
凝固剤の話が出ればゼラチンとアガーの違いを比べてみたり、バターは冷凍庫によつ葉バターをはじめ、明治の発酵バター、カルピスバター、その他いろんなバターをストックしているし、オレンジ時期が違って無かったからみかんでピール作ったとか…いやあ出てくる出てくるっ!(笑)それも製菓理論用語言ってもしっかり返答してくるんです。
だいたい急に話に出てくるお菓子が「ビィクトリアンケーキ」だったりコンフィチュールなら「やっぱりパイナップルとバニラですよね(^_^)」とか突いてくる所が素人っぽくない(笑笑笑)
 
{6DCC457E-F136-4544-8A2B-3947EBFC1600}

{7CCDD010-1CEC-403C-A0FD-834465A26084}

{37ADC4A8-CE73-46C7-86D1-274034E307E4}

ただ食べ歩きをするタイプのスィーツ男子もいますけど、彼はスィーツ男子でも頭脳派。研究者ですね。本当に面白かった!
 
「こう…ビィクトリアンケーキでもジェノワーズの気泡感というか…それとサンドするコンフィチュールのバランスが……」
 
ふふふ。シュトーレンも毎年作ってるんですってマジパン入りのやつ…でも彼、マジパンって言わないんです。ローマッセって。ふふふ(^_^)
 
「周りにお菓子の話通じる人が居なくて…」
ってそりゃ居ないでしょうねぇ
 
お菓子の話をおもいっきりしたくなったらまた遊びに来て欲しいですね٩( ᐛ )و
 
……っあ、でも彼今日遊びに来たんじゃなかったんだ!大丈夫だったかな?ちゃんと参考になったかなぁ…今更だけど(^_^;)