スィーツ男子がやってきた『研究者編』

体験の申し込みの際

「僕は身体が大きいので出来ればマンツーマンを希望します」
 
え?大きいって縦に?それとも横?
いや、縦と横?
 
本当に珍しい男性の方の申し込み…入り口狭いしなぁ、通れなかったら棚外すしかないな。
 
申し込み頂いてから想像は膨らむばかり(笑)
 
すっごく美味しい手土産を片手に現れた彼は確かに背は高いけど普通の青年。
 
{861FFA8C-8F08-4F55-BF76-FF3E1EBACB28}

頂いた大学いも!めちゃくちゃ美味しかった!
彼曰く本当はこのお店ではもっと美味しい人気の品があるんですけど売り切れてて…とのこと。
 
こういう手土産をさらっとセレクトするあたり只者ではない…そう!かなりの強者でした!
 
久しぶりに手答えのあるお菓子談義に花が咲いた体験でしたね〜
 
「僕は全然素人なので…」と終始言いながら
凝固剤の話が出ればゼラチンとアガーの違いを比べてみたり、バターは冷凍庫によつ葉バターをはじめ、明治の発酵バター、カルピスバター、その他いろんなバターをストックしているし、オレンジ時期が違って無かったからみかんでピール作ったとか…いやあ出てくる出てくるっ!(笑)それも製菓理論用語言ってもしっかり返答してくるんです。
だいたい急に話に出てくるお菓子が「ビィクトリアンケーキ」だったりコンフィチュールなら「やっぱりパイナップルとバニラですよね(^_^)」とか突いてくる所が素人っぽくない(笑笑笑)
 
{6DCC457E-F136-4544-8A2B-3947EBFC1600}

{7CCDD010-1CEC-403C-A0FD-834465A26084}

{37ADC4A8-CE73-46C7-86D1-274034E307E4}

ただ食べ歩きをするタイプのスィーツ男子もいますけど、彼はスィーツ男子でも頭脳派。研究者ですね。本当に面白かった!
 
「こう…ビィクトリアンケーキでもジェノワーズの気泡感というか…それとサンドするコンフィチュールのバランスが……」
 
ふふふ。シュトーレンも毎年作ってるんですってマジパン入りのやつ…でも彼、マジパンって言わないんです。ローマッセって。ふふふ(^_^)
 
「周りにお菓子の話通じる人が居なくて…」
ってそりゃ居ないでしょうねぇ
 
お菓子の話をおもいっきりしたくなったらまた遊びに来て欲しいですね٩( ᐛ )و
 
……っあ、でも彼今日遊びに来たんじゃなかったんだ!大丈夫だったかな?ちゃんと参考になったかなぁ…今更だけど(^_^;)
 
 
 
 
 
 









製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!