焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

ガラスの灯台と白下糖のカステラ

本当に久しぶりに朝1人ゆっくり散歩を楽しませてくれた四国高松。

この日の朝まではゆっくり散歩ができるとは思ってもいなかった。忙しかったからではなく、気持ちがぐるぐるしてたから。。。

一度遊びにいらっしゃいと常々言ってくれていたけど、結局こんな事も無ければ来る事が無かった。
高松というところはこんなに素敵なところだったのだなぁ。。。

前日の雨模様から打って変わっての晴天の中遠くに見えた可愛らしい赤い灯台。案内に世界初のガラスの灯台とあった。

(^_^)行って見なくっちゃ!


{96FDE7FC-4222-4050-8E6F-D783C3BF6570}
灯台の下まで辿り着くまで気持ちの良い道のりが続いてます。朝のジョギングや散歩にぴったり!まさにそんな方達とすれ違いました(^_^)
{C4E9164E-293C-44FD-A3BE-4D2137BEB03E}
{65F457DF-C8A4-42D9-9BF7-1B0D9696CBC2}
{F19E8891-BB2C-43B8-92BB-7D7A79C6427A}
{062255D5-9652-4F09-BF0E-0FD13B8FC3AB}
{2E486840-9DA1-4CBB-B7B8-C02F32E8D7E8}
{4F2F9EB4-CA0A-42FB-8C37-AD950B16C718}
ちょいちょいデザインが素敵なんです。他にもオブジェが点在してます。
瀬戸内国際芸術祭を匂わせる(^_^)
{39CB9C80-A39A-4F88-B0FA-A96DFA37B504}
ちゃんとした名称は「高松港玉藻防波堤灯台(たかまつこうたまもぼうはていとうだい)」香川県高松市の高松港に所在する灯台。愛称は赤灯台。またはせとしるべ。とはウィキ情報(^_^)

早起きは三文の徳とはよく言ったもので、散歩に出て本当に良かった。心穏やかにゆっくり歩くなんてしばらくしていなかった気がします。それもこんなに素敵なところ…こんな形でも呼んでもらえた事に心から感謝。。。そしてお別れをさせてくれた事も。


高松で購入したお菓子のご紹介
これ、さすが讃岐はお砂糖の国でもありますね(^_^)
白下糖を使ったカステラです。
{83898231-0855-42A7-986B-4800779EA500}

{905D109D-86F0-4EB0-8430-448C4145A63C}

"甘藷やビートから取り出した糖汁を精製、濃縮して半流動状の白下糖(しろしたとう)を作る"

製菓衛生師全書から抜粋するとお砂糖の精製工程の一部に出てきます(^_^)ここ高松では和三盆の原料みたいに言われてますね。それが新鮮でした!
カステラの甘みもなんだか上品に感じました。