マドレーヌの基本配合から…

「基本配合好き」周知の事実でして、我がボンボンシエルのお菓子の配合には奇をてらったものが本当に無いんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

カトルカールも四同割りで作りますし。
卵を先ず割ってその量と同じ無塩バター、砂糖、粉を計量するんですね。

マドレーヌもそんな風に作りたくて見つけた配合…粉、砂糖、油脂が同割なんです(^_^)それに全卵やベーキングパウダーが加わる配合。

最初見つけた配合通りに焼成したら個人的な好みではあったのですがお店に出すとなるともう少し水分が入った方がいいかなと…


で、ちょっと調整しました。
{B0DD72B8-3E25-4F67-A050-6BE50F4BC114}
カトルカールを作るときと同様にしたかったので全卵に対してのパーセントの計算式を組み立てて、それを焼いてみる作業を何回かやって最終決定しました。
{2FC6B644-51C5-497F-8A88-DAA24428313C}
作るときにいちいち計算するのが面倒になるような計算式ではありません(^_^)基本配合ですから材料の種類もそんなに無いし。細かな数字が出てますけど…(笑)
一回で自分自身納得の配合になる事はあまりありませんが(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!これでとなった時はやっぱりなんだかスッキリします(^_^)

見つけた配合をご紹介しておきます。

《マドレーヌ》
粉  100g
ベーキングパウダー 3g
砂糖  100g
全卵  80g
レモン皮  適宜
バニラ     適宜
無塩バター  100g

(洋菓子百科事典 白水社より)












製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!