バター生地のアレンジ。基本配合の変更を実際焼いてみたところ...

以前のブログでご紹介したこちらの配合....

実際、焼成してみました。

 

 

四同割り基本配合比率は

卵:バター:砂糖:小麦粉=1:1:1:1

ですが配合比率は

卵:バター:砂糖:小麦粉=1:0.6:0.6:0.6

ここまでの範囲で動かす事が可能です。

つまり

バター     60g

砂糖      60g

全卵     100g

薄力粉     60g

 でも作る事が出来るということ。

 

おすすめはフラワーバッター法

 

もちろん作ることは出来ました。

基本のシュガーバッター法で焼いてみたのですが、正直作りづらかったです。

バターより卵の量が多いこの配合、つながりにくくて分離しやすく

途中、粉を少し加えながら作りました。ぎりぎりつなげた感じです。

f:id:bonbonciel1013:20180618115552j:image

で、製法を変えてみようと。

今度はフラワーバッター法に。こちらなら分離はしづらいですから。

俄然、仕込みやすくなりました。

f:id:bonbonciel1013:20180618115445j:image

もちろん焼き上がりの生地状態も違ってきますが

この配合ならばフラワーバッター法で焼き上げたバター生地の方がきめ細やかで食感も良いような気がしました。

これはあくまでも個人的な意見ですが。

ただ、製法としてはフラワーバッター法の方をおすすめします。

全然つくりやすいので。

 

今回はかなり極端な配合比率の変更をして実験的に焼き上げたのですが

卵(水分)の比率を見て製法を選択することも必要だな、と思いました。

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ