バター生地のアレンジ。基本配合の変更例を焼いてみたところ...その2

今回はこちらのアレンジを実際焼いてみました。

 

  • アルコール類、牛乳等の水分を加える。液体100gを足したい場合、小麦粉 125gをさらに足し、小麦粉の全重量の2/3量の砂糖を追加する。この時全卵+液体の量を超えない事。

つまり四同割り配合からなら

バター      100g

砂糖       150g(225gの2/3)*全卵+液体=200gを超えない事。

全卵       100g

薄力粉      100g(+125g)=225g

液体       100g

 

この液体を+(プラス)する配合は見ただけでもシュガーバッターはどうかなと。。。

で、一度目はフラワーバッター法で作って見ましたがなにせ粉が多いので途中途中水分を加えながら合わせていきましたがこの配合もかなり作りにくいです(笑)

 

この配合の場合の作りやすい製法を考えてみたら...

あ!

別立て!

この方が作りやすいかも!

で、

再度焼成を

 

f:id:bonbonciel1013:20180620174423j:image 

f:id:bonbonciel1013:20180620174437j:image

 

f:id:bonbonciel1013:20180620174509j:image

f:id:bonbonciel1013:20180620174531j:image

今回いろいろ極端な配合アレンジを試して見ましたが

やりにくい生地配合をなんとかしたくて

フラワーバッター法や別立て法が生まれたのかな?

なんて考えたりしました(笑)

やりやすくなれば生地状態もいい感じになりますし...

 

でも、正直なところ前回や今回の極端な配合はあまりおすすめ出来ません(笑笑笑)

あくまでもこれがMAX配合をアレンジできますよの範囲なので。

この範囲内で自分の気に入る配合を見つけて、かつ、やりやすい製法で焼いてみるのが良いと思います。

実際今回参考にした資料にも‘必ず試作は必要’と但し書きがありましたから(笑)

 

f:id:bonbonciel1013:20180620185637j:image

 

ちなみに私は普通に四同割りの配合がお気に入りなので今のところ試作も何も無いのですが.......。

f:id:bonbonciel1013:20180620185811j:image

 

パウンドばかりを最近焼いていましたが

材料のバランスを変えたり、粉の量を多くしたり、水分を多くしたり..... 

製法を変えたり....

 

個人的にまた確認したのが

「ああ...やっぱり四同なんだなわたしは....」(笑)

わかってはいたけど。

でも

確固たる自分の作りたい配合がある

ってかなり幸せなことだと思っています。

まだ、そういった自分の配合をお持ちでない方ぜひ見つけてくださいね。

 

 

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ