ご存知ですか?ゼラチンの溶ける温度

暑い日が続きますね。

まだ7月に入ったばかりだというのに正直バテバテ気味です。

 

お菓子も口当たりの柔らかい冷たいお菓子が食べたくなります。

 

残念ながら我がボンボンショップは生菓子やってないので、商品としてはご用意出来ないのですが……。

 

せめて今回は凝固剤の話でも…

f:id:bonbonciel1013:20180704135941j:image

凝固剤とは液体を半固体に変える材料のひとつ

 

一番馴染み深いのはやっぱり'ゼラチン'でしょうか...

ゼリーを作ったり、ムースを作ったり、ババロアを作ったり

他にも実は

マシュマロ、グミ、ヌガー、アイスクリームにも...

いろんなものを固めてくれています。

 

固めてくれる事については皆さんよくご存知ですよね?

「冷やせば固まる」

 

夏のおやつにゼリーを作る事もしばしば....

ちょっと製造工程を見てみましょう

  1. ゼラチンを水にふやかす。
  2. 水溶液(ゼリーを作りたいもの、例えばジュースなど)を沸かす。
  3. ふやかしたゼラチンを2に加え溶かす。
  4. 漉す
  5. 型に流して冷やし固める。

こんな感じですね。

ここでお伝えしたいポイントは今回のテーマでもある

「溶ける温度」です

 

ゼラチンの溶ける温度ってどれくらいかというと

溶解温度 40〜50℃

つまりちょっと熱めのお風呂くらいと言う事です。

 

専門学校の実習の際には

「じじいがつかる熱めの温泉くらいだよっ!!」と説明してました(笑)

これは余計な話..........失礼...

 

だから

水溶液は沸騰するまであたためなくてよい

ということ。

レシピには「沸かす」と書いてあるのでつい

「沸かす」=「沸騰させる」と勘違いしがち

ゼラチンがきれいに溶けさえすればいいのですから沸騰させる必要はないんです。

実は温度が高すぎると熱変性をおこして固まる力が発揮できなくなる事もあります。

そして

ゼリー液の温度が高いと言う事は

冷えるのにも時間がかかる

ということですよね。

おやつの時間に間に合わないなんて事にも繋がります。

 

ちょっとしたことですけどずっと作りやすくなるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ