焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

オリジナルラッピングとは

猛暑が続きますね.....

夏は焼き菓子の売上げもダウン気味になるのは正直なところです。

我がボンボンシエルは生菓子を扱っていませんので毎年夏をどう乗り切るかが課題でもあります。

焼き菓子屋さんをやりたいと思っている方は'夏'対策もちょっと考えておくのも大事かもしれません。

ちなみに以前の私の対策は

大胆にも

1ヶ月休業しました!(対策と言えるかどうかはわかりませんけど(笑))

まあ、今よりも営業日も少なくて、お菓子を作る為にかかる諸経費と売上げの比率を考えた時、ちょっとだけお店を開けるより休んでしまった方が得策だと判断したんです。

 

だから何年かは「夏は休みます!」を公言してました。

 

f:id:bonbonciel1013:20180715075303j:image

でも、 現在は夏も通常営業しています。

営業日も増えましたし、理論の授業も受け付けておりますので。

たまに

「ボンボンさん、夏休むんですよね?」と、未だ聞かれる事あるんですが

全力否定してます(笑)

f:id:bonbonciel1013:20180715075314j:image

でも、いつもより時間が出来るのは変わらずなので

なにをしているかと言うと

 

ラッピングの準備

です。

我がボンボンシエルはラッピンググッズも手作業で作っています。

  • ミニブーケ
  • 紙袋

紙袋の作り方をわかりやすく紹介してくれている動画をのせておきます。

(この動画では紙の接着を'両面テープ'でやっていますが私は'スティックのり')

 

 

youtu.be

 

f:id:bonbonciel1013:20180715075326j:image

 本当は紙袋も業者さんにお願いして作ってもらう方が良いのでしょうけど、お願いしないのは(予算の関係もあります)

なによりも私自身こういったものづくりが好きであるところが大きいです。

紙袋も折り幅のバランスで規格品には無いサイズのものがつくれますし。

ミニブーケもひとつひとつ違います

たのしいですよね。

f:id:bonbonciel1013:20180715075338j:image

そして

 

表示シール

 

うちはMAX社製の感熱ラベルを開業当初(約10年前)から使っています 。なので、今現在同じモデル機種が販売されているかはわかりませんが、便利なのはパソコンを使って印字設定が出来るという点です。

'品名'のところに短いメッセージや、お名前などが簡単に印字できます。

 

品名 会えてうれしい♪

 

久しぶりに会う集まりにちょっとしたプレゼントとのご依頼でした。

 

うちのラッピングは我がボンボンシエルのラッピングでもありかつ、

お客様自身のオリジナルラッピングでもあるんです。

 

そんな気持ちも込めて、夏の間も何かしらのものづくりをしてゆきたいと思います。