サンマルクというお菓子

サンーマルク

聖マルコ(マルク)の名前を付けたものだが、由来は不詳。粉末アーモンド入りのスポンジの上に、チョコレート入り生クリームと普通の生クリームを2層に重ね、同じスポンジをのせてカラメリゼしたもの。カラメリゼの香ばしさや、やや固めのスポンジとソフトなクリームとの食感の対比が特徴。

(東京堂出版 百菓辞典 より)

 

百菓辞典―洋菓子・和菓子・デザート

百菓辞典―洋菓子・和菓子・デザート

 

 

 

ご存知でしょうか?

このサンマルクというお菓子。

先日ふらっと入った資生堂パーラーで見つけて頼んだのですが

それはそれは私のツボでして

すっかりまったり幸せな気持ちに......。

 

 

f:id:bonbonciel1013:20180718085821j:image

こんなに美味しいのにこのシンプルさ故なのか、なかなかお目にかかれないんですよね。

いつのころからか私の勝手なバロメーターで

'サンマルクのある店はいい店'

になっています(笑)

 

こちらの資生堂パーラーもすごく素敵でしたし.....

parlour.shiseido.co.jp

 

あまりお店では見かけないクラシカルなお菓子なのですが

専門学校の授業ではよく登場していました。

伝統菓子的なものはやっぱりやるんですね。

辞典には簡単に載っていますけど

  • アーモンド粉末入りのスポンジとはビスキュイジョコンド。
  • チョコレート入りの生クリームはチョコレートにカカオマスをプラスしてより濃いチョコレート感を。
  • 普通の生クリームじゃなくてパータ・ボンブ(卵黄に煮詰めたシロップを加え立てたもの)とゼラチンとバニラをたっぷり加えた濃厚な生クリーム。
  • 表面を焼きごてでカラメリゼ

シンプルでも内容は充実していました。

これ、仕上げてからカットするのもすごく難しいんです。

表面は飴の様に固くて真ん中はやわらかいですし、スライサー(包丁)の温度を気をつけないと白いクリームとチョコレートのきれいな層が混ざってしまいます。

カットだけでも職人の腕の見せ所なんですよね。

 

こういったクラシカルなお菓子が好きなのはなんだか職人さんの心意気がどこか感じられるからなのかもしれません。

 

 

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ