同じ生地でも違う食感

スポンジ生地にもいろいろある事はお菓子をつくる方ならご存知だと思います。

基本製法

  • 共立て
  • 別立て
  • オールインミックス

これにバターが入るのと入らないのがあったり

呼び名もいろいろ....

スポンジ(英語)の他に

  • ジェノワーズ(フランス語)
  • ビスキュイ(フランス語)
  • マッセ(ドイツ語)

呼び方もいろいろですが

全く同じ生地でも

オーブンの温度や焼き時間で違うお菓子が出来たりもします。

おもしろいですよね。

f:id:bonbonciel1013:20180721130926j:image

 

 

f:id:bonbonciel1013:20180721131102j:image

この写真のお菓子。

どちらも基本は同じ別立てスポンジ生地の配合で焼きました。

 

〈別立てスポンジ生地(ビスキュイ)〉

基本配合

卵:砂糖:薄力粉=1:0.5:0.5

つまり

卵2個約120gとしたら砂糖と薄力粉が60gづつと言う事です。

  1. 卵を卵黄と卵白に分ける
  2. 卵黄に1/3の砂糖を加え白っぽくなるまで立てる
  3. 別のボールで卵白を立てながら残りの砂糖を分けて加えしっかりしたメレンゲを作る
  4. 2にメレンゲとふるった薄力粉を交互に手早く混ぜ合わせる
  5. 生地を天板に絞って焼く

ざっくりですが別立てスポンジの製造工程はこんな感じです。

 

そして今回

 

上の写真のブッセを作る時は

生地を絞ってから粉砂糖を上から2回ふるって

約180℃のオーブンで10分程度

 

下の写真のビスキュイアラキュリエールを作るときは

生地を絞って粉砂糖を1回その後ココナツをたっぷりかけて

約180℃のオーブンで10分、150℃に下げて12、3分。

 

上からふりかけるものを変えて、焼き方を変えただけです。

 

単純に上は普通にスポンジを焼いて、下は乾燥させるように焼き上げた訳です。

明記したオーブンの温度と焼き時間はあくまでも目安なので、ご自分で焼かれる時は

使われるオーブンの温度で。状態を確認しながら焼いてくださいね。

 

ただ焼きの状態を変えただけで

'ふわっ'と軽いスポンジ

'サクッ'と軽いクッキー

同じ軽さでも違う食感が楽しめます。

 

ぜひ違う食感を楽しんでみてもらえたら嬉しいです。

 

スポンジ生地も奥深い。。。。

 

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ