バター生地の授業

ボンボン シエルの実習授業は基本的に

・生徒さんが気になっていること

・やってみたいこと

をすいあげて準備をしています。

これもひとり営業の利点ではないかと思います。

 

今回はバター生地の配合の変化で生地の食感や甘みをどう感じるか

を検証すべく、準備を進めていました。

 

f:id:bonbonciel1013:20180729102815j:image

基本は四同割り。(画像向かって左)

わたしのブログではこの'四同割り'がかなりの頻度で出て来ています(笑)

バター生地を説明するのにこの基本配合は外せませんのでねぇ.....

何かと比べる際にはこれを基本にするのがわかりやすいですし。

f:id:bonbonciel1013:20180729102832j:image

もう一方はバター生地の一番軽い生地とされる生地からアレンジしたもの(画像向かって右)

この配合は卵の重量の60%の重量で砂糖、80%の重量で薄力粉、バターは卵と同量にしました。

つまり、卵の重量を100としたら

  • 鶏卵    100g
  • 無塩バター 100g
  • 砂糖     60g
  • 薄力粉    80g

という配合になるということ。

四同割りの仕込み総重量より少なくなりますので同じ卵の量でも上がりが低くなっています。

そしてバターの量はそのままですので全体量に対してバターが多めになるわけですから

焼成している時の生地はパイ生地の焼成工程の様にバターがじわりじわりと焼かれている感じもみてとれました。

f:id:bonbonciel1013:20180729102920j:image

 

バター生地の一番重い生地が四同割りとしたら

一番軽い生地が卵'1'に対して他の材料は'0.6'の割合

これは

 

科学でわかるお菓子の「なぜ?」―基本の生地と材料のQ&A231

科学でわかるお菓子の「なぜ?」―基本の生地と材料のQ&A231

 

 こちらの書籍から。

この本は専門学校の時の資料書籍として生徒たち全員が持っていたものでもあります。

とてもわかりやすく製菓理論も説明されているのでオススメです。

f:id:bonbonciel1013:20180729102929j:image

 

 あとは生徒さんにこれらとは違う配合の生地を焼いてもらいます。

楽しみですね。

次回のブログに続きます。

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ