プライベートレッスン

最近はお天気も安定していないし

来るの大変かもと思ってお休みしますか?の連絡してをみたのですが

「お天気午前中は大丈夫そうなので予定どうり行きますっ!」

というわけで

 

予定通りのスタート

よほどの事がない限りは計量から始めてもらうのがうちのスタイル。

 

今回は彼女の希望で

卵に対して他の材料が0.6%のバター生地を

シュガーバッター法とフラワーバッター法どちらもやってみることに。

始めはシュガーバッター法のみで進めるつもりでしたが

「せんせ。私フラワーバッターやった事ないんですよね」

「そうなの?じゃやらないとっ!やりましょう!」

 

f:id:bonbonciel1013:20180729103017j:image

使う道具も卓上ミキサーでやりたいか

ハンドミキサーでやりたいか

それとも手立て?(これはあまりいらっしゃらないですけど)

決めてもらいます。

自宅で使っている機材と近いものでやるのもいいし、

使ってみたかった機材を使ってもいい。

 

今回は普段はハンドミキサーだけど卓上をセレクト

 

f:id:bonbonciel1013:20180729103029j:image

高く浮いたのがフラワーバッター

f:id:bonbonciel1013:20180729103052j:image

f:id:bonbonciel1013:20180729103103j:image

f:id:bonbonciel1013:20180729103117j:image

私が作っておいた

・基本の四同割

・卵に対してバターは同割り、60%の砂糖と80%の薄力粉

そして彼女が焼いた

卵に対して他の材料が60%のもので

製法を

・シュガーバッター法

・フラワーバッター法

で作ったもの

 

今回はこれらのカット面の生地状態をチェックしたり

甘みの感じ方の違いなどなど.....を検証しました。

 

油脂が多め生地のしっとり感

砂糖の量を減らした甘み

それらを

基本の四同割と食べ比べしてみた訳ですけど

アーでもないコーでもない

とさんざん話して

 

最後に彼女が言った一言

 

「せんせ、やっぱり基本配合っておいしいねぇ」

 

「!!!!(笑)」

 

そうでしょっ!

そうでしょっ!

 

砂糖を減らしたり、油脂を増やしたり、粉を減らしたり

その配合で仕上げたものが決して美味しくない訳ではないのだけれど

食べ比べるとその安定感にやられるんです。

それにすっかりはまってしまったのがこの私...(笑)

 

今回のレッスンは実はまだまだ続きがあって

実習で作ったバター生地と言うのは焼き上げてすぐよりも

次の日、また次の日と食べると感じがかわるんですね。

なのでそれは持ち帰って検証していただくことになります。

しばらくパウンドケーキ漬けの日々が続いてしまいますけどね(笑)

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ