たどり着いた別立て法

前回の'ういろうケーキ'が悪いというわけではありませんが

ちょっと残念な感じになりますよね。

乳化がうまくいけばちゃんとした'パウンドケーキ'になるわけで...(笑)

でもこの乳化がなかなか難しい...配合を変えるのも....う〜ん

じゃ、配合は変えず作りやすくするにはどうしたものか....。

 

前回のブログで水分量の多い配合についてふれました。

 

『 配合のことに触れておきます。

今回はバター生地の一番軽いと言われる配合で作った訳ですが

 

卵:バター:砂糖:粉

1:0、6:0、6:0、6

の配合。卵を100gとして考えると

100g:60g:60g:60g

卵を水分と考えるとこの配合、水分の多い生地になります。

「水」と「脂」を乳化するとしたら単純に考えれば

半分近くの水分が混ざりにくい状態になるということですよね。

この配合かなり難しい配合です。  』

 

 

ここでいう水分と言うのは

「卵 」のことになるわけですけど

卵は

卵黄は「油脂」

卵白は「水」

と考えれば少し配合上の水分量の調整ができます。

分けて混ぜ合わせることによって

かえって「乳化」がしやすくなるかと。。。

 

で、「バター生地の別立て法 」

  1. バターをやわらかくして、砂糖を加え立てる
  2. 1に卵黄を加える
  3. 卵白に砂糖を加えながら立て、メレンゲを作る
  4. 2にメレンゲと粉を交互に加える
  5. 型に入れて焼成

こんな流れですね。

 

f:id:bonbonciel1013:20180802160551j:image

 

f:id:bonbonciel1013:20180802160608j:image

 このバター生地における別立て法で気をつけてもらいたいのが

混ぜ合わせなのです。

ここで、もう一度考えてみて欲しいのが

なぜ、別立て法にしたのか

ってことです。

今回メレンゲを使っているのは生地を膨らませるのが第一目的ではないですよね。

乳化をやりやすくするために別立てにしたんです。

だからメレンゲが死んじゃうことより乳化させることを優先的に考えて

ゆっくり丁寧に混ぜてください。

泡立てるとどうしてもそれを殺さないようにしちゃうのはもう

お菓子作る人の性みたいなもんです(笑)

でもそれはちょっと今回に限り封印してもらって。

 

 

f:id:bonbonciel1013:20180802160626j:image

 

f:id:bonbonciel1013:20180802160638j:image

同じ配合でも

製法を変える事によって食感も変わります。

今回この配合だと別立て法が適していると私は思いました。

皆さんがお菓子を作られる際に何らかの形で参考にしていただければ嬉しいです。

 

いろんな配合、いろんな製法を試して見てください。

 

 

 

 







製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!





 
 
 
講座の受付は教室サイトのクスパさんからも受け付けています。
 

料理教室検索クスパ