お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

会社育ちと現場育ち....そして空が青い

住宅の密集地の中で

ボンボンショップはひっそり

のんびり営業をしているわけですが、

昨年の後半から周り(というか隣り)の

環境の変化に戸惑いつつ

そしてちょっぴり我慢もしながら

今は営業をしています。

隣にあった古い木造アパートの取り壊しから始まり

新しいアパートの建築…凄まじい音と振動…

誰を責めるわけにもいかず

ただただ終わるのを待つ

そんな日々…。

隣のアパートの建築工事が終わり、新しい入居者への引き渡しが始まるという

お話を聞いた矢先から今度は道路の下水道工事が始まるという……

正直この道路の工事は

参りました(泣)という気持ちが正直なところでした。

f:id:bonbonciel1013:20190201181303j:image

お店の前の道路に、働くトラック達が

隙間無く列をなしています。

お店を休もうかとも本気で思いましたけど

休んだらなんか負けな気がして

(どういう負けん気???(笑笑))

お店の前の路地の入り口をかろうじて開けてもらい営業。

f:id:bonbonciel1013:20190201181319j:image

ただ心配だったのが

こんな中来てくださったお客様になんかあったら大変…という事。

だから、来てください!

っとは中々言いづらかったです。

 

住宅の密集地での営業は

こういった事がありうるという事も

ここで伝えておきます。

路面店なら歩行道路と車道が分かれてますから少なくともこんな事は

無いかと思いますし。

 

でも

 

隣のアパートの引き渡しが始まる日

アパートのインテリアデザイナーの方が

「スコーン大好きなんですよ!お店開いててよかった!」

なんて言いながらご挨拶がてら買いに来てくれたり....

 

下水道工事の担当の方は

「工事でご迷惑をおかけしたお詫びというわけではないのですが

お菓子買っていきます」

と前回お買い上げしてくれて

そして

今回も

「今日の工事は終わりました。

で、またお菓子買っていきます!

……俺はこういうのはよくわかんないんだけど

嫁や子供の達がこの間のお菓子がすごく美味しいって、また買って来て!

っていうもんだから(笑)」

ってお家のお土産に使ってくれたり…。

 

'俺はこういうのはよくわかんない'

って言いながら家族のみんなに

買って帰るお父さんの感じがとっても

よくて……。

 

いいひとだなぁ… 。

 

悪い事ばかりではないのがありがたいことです。

 

 

現場の職人さん達は

多分…

工事期間中

半分泣きそうな私の気持ちを汲んでくれてたのかとも思います。

 

隣の古い木造アパートの取り壊しから

新築アパートの工事にあたって

実は何人もネクタイを締めたビジネスマンも来訪してくれていたのですけれど、

みなさん言葉尻は丁寧で、頭も深々と下げてはくれていました

でも

やはりどこか事務的で

本質的な心配をしてくれているとはどうしても思う事が出来なくて

正直、ちょっと苦手でした。

 

現場の職人さん達は

「ほんと!すいません!!」

「すぐ!片付けますからっ!」

「もうあとちょっとでおわりますっ!」

なんか

「すいません」のあたたかさが違うんだよなぁ......

 

そんな風に思ってしまうのは

私が根っからの職人気質であると言う事かもしれません

会社育ちじゃなくて

現場育ちなので(笑)

 

もう少しで工事も終わりそうなので

少しホッとしています。

ちょっとため息を付きながら空を見上げることも無くなると思います(笑)