お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

見た目と食感の違い…スコーン編

ほぼほぼ日々スコーンを作り続ける生活を

私はしている訳ですが....。

そんなスコーンに向き合うことを日常的にしていても

まだまだ気になることはたくさんあります。

 

スコーンってお菓子なのかパンなのか微妙な位置づけにある

ものでもありますよね(笑)

でも、それはそれで置いておくとして.......

 

今回は

'成形'について。

 

スコーンの成形これもいろいろです。

大きく分けると

 

'そのまま丸める'

'折り込みする'

になりますかね。

 

この丸めや折り込み、これによって

作り手の食感が生まれて、それぞれの個性につながっていくのですが

これが難しいっ!

いつも通りにやっているつもりでもなかなか.......。

これは日々日々精進。

これは私だけではなくお菓子を作る方なら

'気になってる'のではないかなと

5月の「たのしい食べ比べ講座」のメニューにする事に。

 

なので今回シュミレーション.....

同じ仕込み生地で成形を変えてみました。

 

f:id:bonbonciel1013:20190411055335j:imagef:id:bonbonciel1013:20190411055354j:image

ここまでは一緒

 

 

 

f:id:bonbonciel1013:20190411055416j:image

こちらはそのまま分割して手丸め

 

f:id:bonbonciel1013:20190411055434j:image

こちらは折り込みです。

 

 

f:id:bonbonciel1013:20190411055453j:image

それぞれを焼成

 

f:id:bonbonciel1013:20190411055517j:image

焼成後

 

面白いのは成形次第で

こんなにイメージが変わるんですよね。

同じ生地なのに2種類のスコーン。

自分のブランドイメージで成形を変えると言うのも

商品開発として重要かもしれません。

例えば

カジュアルなアメリカンなブランドならば手丸め

シックなヨーロピアン色の強いブランドならば折り込み

というような。

 

食感の違いについてですけれど

これは

本当に人それぞれの感じ方レベルの違い方になると思います。

なんでこんなふうに人それぞれで片付けてしまうというと....

ここであんまり詳しく書いちゃうと

食べ比べ講座に支障があるといけませんので(笑)

なので少しだけ触れてみると

他の生地で例えれば、抜き型クッキーにしてもタルト生地にしても

1番生地、2番生地といって成形しているうちに

生地にかかる負担が変わってきますよね。

今回のスコーンにしても同じ事が言えるということです。

 

f:id:bonbonciel1013:20190412093131j:image