お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

作り手の思いが入るもの

f:id:bonbonciel1013:20191111074244j:image

ボンボンシエルでは
半日の仕事体験というのも
外部からの依頼で
受付たりもしています。
いらしてくださる方は
だいたい
私の様なひとりでの起業を
小さなスタートから
やってみたいと
思ってらっしゃる方です。
今回もそんなおひとり… 。

今回いらした方は
お菓子で自分ブランドを立ち上げたい
というのでは無くて


料理の方


実は私は料理が苦手な方で
その事を伝えると
「いえ、岡本さんがどんな風にこの仕事を始められて、どんな風にこれまで仕事をされているのかをお聞きしたくて来たので大丈夫です(笑)」


まあ、この体験に来てくださる方々は
だいたいがそういう主旨なので
その辺りをじっくりと
お話させていただいてるんですけど。

でも
せっかくわざわざ来ていただいてるので
少しでも
来ていただいた方の今後の
動きに役立つ話が出来たらいいなと
思っているので
私の話だけでは無くて
来てくださる方のやりたい事が
どんな事なのかを
根掘り葉掘り聞きます。

この方のやりたいと思っているのは


薬膳に特化したお味噌汁

だそう。。。
これからいろいろ勉強して本気で始めたいと
考えていらしゃいます。


'何故薬膳なのか'
'何故お味噌汁なのか'
'どんな人に提供したいのか'
'販路としてどんなところを考えているのか'


この辺りしっかり
私に伝えてくれました。

起業を考える時
この辺りが相手に明確に
伝えられるという事は
基本です。


'ただ好きだから'
とか
'やってみたいから'
とかではまだスタートはきれません
不明確では何も始められないという事です。

 

きっと彼女はこれから
着々準備を進めていくのだろうなと思います。

 

彼女が

薬膳のお味噌汁をやろうと思った経緯は

 


家族の健康

 


旦那様や小さなお子さん

そして

彼女自身も

彼女が作るお味噌汁やお料理で

体調がとにかく変わったそう…

それを実感したから

ビションがだんだん明確になって

行ってるのでしょう。

素敵ですよね。

 

f:id:bonbonciel1013:20191111082646j:image

 

でも私

彼女がちょっと

気づいていないだろうな

って事も伝えました。

 


彼女は'薬膳'だから

旦那様やお子さんの体調が良くなってる

って熱く語っていましたけど

 


「旦那さんやお子さんが

お味噌汁やご飯を食べて

健康に過ごせてるのは

〇〇さんがそうなって欲しい

って思って作ってるからでしょ(笑)」

 

「だからいい感じなんじゃん!」

このあたりは既にタメ口(笑)

 

「あ、そうですかね」

ちょっとキョトンとしてましたけど

自然にやってるから

仕方ないです(笑)

自然にやってるっていうのが

また素敵ですよね。


もちろん薬膳は身体にいいとは思います。

一応言っておかないと(笑)

 

作り手の思いというのは

自然に作る物に入るという事

私が常々気をつけている事のひとつ。

今回彼女の話を聞いて

またまた

それを実感させてもらいました。

 


彼女の思いが詰まったお味噌汁が

たくさんの方々に

広がったらいいなと思います。