お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

規則を作っておく。

ラッピングには

天と地つまり

上と下

そして

前と後

がある事は皆さんよくご存知かと思います。

 

お客さんに向かってどう見せるのかに

関わる事です。

 

ラッピングしてある

商品を開いた時

ちゃんとこちらを向いているかどうか

 

それを意識して包む

 

ラッピングの基本ですね。

 

 

f:id:bonbonciel1013:20200203182938j:image

これは

'風呂敷包み'

風呂敷で包むように

ラッピングします。

最後のシール一枚だけで留める

これは私のこだわり(笑)

シールを剥がすと

広がるこの包み方

けっこう好きでよくやります。

 

 

f:id:bonbonciel1013:20200203182954j:image

たくさんの箱を包まなければならない時

必ず全部同じ向きに積み上げていく事。

箱入れするお菓子の向きも必ず同じにしておきます。

'規則を作っておく'

そうすると

天と地、前と後を

最後の一箱まで迷う事なく

包む事が出来ますし

その方が早い。

単純な事ですがとっても大事なんですよね。

 

f:id:bonbonciel1013:20200203183013j:image

 

同じ事を淡々と繰り返す作業

余計な確認をしなくて済むようにすること。

これも作業効率を上げる事に繋がります。