お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

こんな時だからお家でカップケーキ

こんな時だから

ご家庭にある物で

簡単に作れるお菓子のご紹介

 

今回はカップケーキを。

 

材料は4つ。

 

f:id:bonbonciel1013:20200304151758j:image

全卵  1個

砂糖  50g

粉   50g

オイル 50g

 

全部お家にある物で大丈夫です。

そして

配合も覚えやすい50gに

調整しました。

 

f:id:bonbonciel1013:20200304151817j:image

今回はちょっと頑張って

全卵と砂糖を合わせて

'立てる'という作業が入ります。

卵が白っぽくなっていくのを

楽しみながら立ててみて下さい。

 

卵と砂糖がもったりと

白っぽくなったら

粉をふるいながら加えます。

粉が見えなくなったら

最後にオイルを加えて混ぜます。

オイルが全体に馴染んだら混ぜ終わり。

 

f:id:bonbonciel1013:20200304151900j:image

型に流して焼きます。

焼き時間、温度は

お家のオープンレンジの冊子などにある

スポンジケーキの焼き時間、温度を参考になさってみて下さい。

f:id:bonbonciel1013:20200305111439j:image

焼き上がり。


f:id:bonbonciel1013:20200304151852j:image

スライスして

ジャムをサンドしても美味しいですよ。

ちなみにこれはラズベリージャム。

 

油脂をオイルにしているので

ちょっと風味をプラスする感じで

スパイスを入れたり

お砂糖を粗糖(茶色いお砂糖)

にしてみても楽しいかと思います。

オイルなので食感も軽く

食べやすいと思います。

 

配合を見ていただくとわかる通り

この配合は

バター生地の基本配合に限りなく

近いものです。

私の大好きな4同割り(笑)

とても安定している配合だなぁ

と私も試作して感じました。

 

あまり難しく考えず

立てて

混ぜて

型に流して

焼く

この四つの工程を

砂糖

オイル

の四つの材料で

楽しんで見て下さいね。