お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

私の黄金比

 

f:id:bonbonciel1013:20200323062828j:image

「知りたい事や聞きたい事を

まとめておいてくださいね。」

と受講申込みの時にお伝えしたら

思いつくまま溢れんばかりの

質問事項を送ってきて下さったのですが

その中のひとつに

 

'シフォンケーキの材料の基本、配合

質量の黄金比'って言うのがあって。

 

f:id:bonbonciel1013:20200323062848j:image

黄金比か…

たぶんこれは

'自分だけの'って事だと思いました。

つまり

自分のレシピが欲しいって事。

 

f:id:bonbonciel1013:20200323062919j:image

みんな思ってます。

自分のレシピが欲しいって…。

欲しいねぇ…

欲しい

欲しい

 

私も以前は

本買いまくってレシピ集めに翻弄

してました(笑)

そしてその中のレシピを

さらに勝手にいじくり回して

それはそれは残念な結果に…

なんじゃこれっ?!(涙)

そんな事やってたなぁ。。。

 

f:id:bonbonciel1013:20200323063004j:image

お菓子には基本配合というのがあって

それを動かす範囲というのも

きちんとある

 

それを知ってからは勝手に配合を

動かす事はしなくなって

逆に基本配合で作るお菓子

の食感や甘味風味が

いちばん私は好きって事に気付きました。

 

だから私の黄金比は

基本配合って事になって

まさに

ほんとの黄金比っ(笑)

 

じゃ自分レシピをどう作るのか

私は

質量つまり配合は変えずとも

砂糖の種類を変えたり

粉を変えたり

それだけでも

充分自分レシピを作り出す事が出来ると

思っています。

 

f:id:bonbonciel1013:20200323063024j:image

 

実際の授業でも

砂糖を変えて焼いてもらったり

しました。

それだけでも全く違う風味。質感。

もっと言えば

混ぜの状態を変えるだけでも

違ってくるんです。

 

 

自分レシピを作るって

配合を動かす事だと

思ってる方たくさんいらっしゃると

思いますけどそれをする前に

 

使っている材料の変化を感じてみると

今回の受講生さんのように

新しい発見があると思いますよ。

 

 

ちょっと過去記事で基本レシピご紹介してたので貼り付けておきます。

 

www.bonbonciel.work