お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

ご注文からお渡しへの流れ

お菓子が必要になると

我がボンボンシエルを

思い出していただき

ご注文をいただく事が

ほんとに有り難くて

嬉しいです。


「先生のお菓子は、可愛らしくて美味しくて、間違いない!ですから。」

 

ご注文のご依頼と共にこんな

メッセージまで添えていただき(泣)

こういった有難いメッセージは

ブログで自慢しておかないとっ!!!(笑)

 

で、

ご注文頂いた後

何から始めるかというと

うちの場合…

 

f:id:bonbonciel1013:20200325191042j:image

 

ラッピングの準備からなんですね。

 

今のところ…

使う分の紙袋を一から作ります。

オリジナルの紙袋も発注したいのは

山々なんですけど

まだまだひとり営業の

小さなお店ですのでねぇ…

そこまでの予算が出ない(笑)

それも規格外のバランスでやりたい

なんて考えてるものだから

結局そんなもろもろの事情で

手作業になってます(笑)

 

それからお菓子の

仕込みと焼成、包装と来て

f:id:bonbonciel1013:20200325191147j:image

 

f:id:bonbonciel1013:20200325191210j:image

 

いよいよ箱に詰めたり

袋に入れたり…

 

f:id:bonbonciel1013:20200325191232j:image

今はとても便利で

箱の中の感じを画像で送付できるので

ご依頼のお客様には

必ずこんな感じに入っていますっという

画像は必ず送っています。

 

f:id:bonbonciel1013:20200325191307j:image

そして

作った紙袋のラッピングは

今回は

こんな感じに仕上げ。

タグとリボンで。

中に入っているクッキーの種類別に

色分け。

 

 

その時その時で

なんとなく思いつくまま

デザインラッピングは

やらせてもらっています。

 

大抵お菓子もラッピングも

お任せというパターンが殆ど…

私自身もたのしんで

作らせていただいてます。

 

そして

「やっぱり素敵なお菓子達
内容も、ラッピングも、バッチリです!」

 

というこれまた

自慢しなければっ!

のメッセージをいただき

納品が完了。

 

ひとりでコツコツと

やらねばならない作業が

続きますが

その分濃厚な私だけへの

メッセージを独り占めできるので(笑)

 

やっぱりひとり営業

たのし。