お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

カフェからのガトーショコラ

「お店にはいつもどのくらいの種類を

置いているんですか?」

この質問もけっこう受けます。

ひとり営業を始めるとなると

どんなアイテムを揃えるかとか

どのくらい作ればいいかとか

迷うところでもありますよね。

 

でも正直私も

「お客様が来てがっかりしないくらいの

アイテム数とボリューム」

こんな漠然とした応えしか出来なくて…

 

というのも

ある程度の安定した定番が

決まるまではかなり時間がかかったし

定番以外はもう気まぐれに

作ってるので(笑)

 

今回気まぐれで

焼いたのが

「イチヂクのガトーショコラ」

f:id:bonbonciel1013:20200326083715j:image

イチヂクを赤ワインで煮たものを

大きく刻んで混ぜ込みました。

f:id:bonbonciel1013:20200326083730j:image

チョコレートとイチヂクも

とっても相性がいいですよね。

 

 

気温が暖かくなって来て

周りは'さくらさくら'で

ピンクの可愛らしいお菓子の

ラインナップを紹介し始めてる時に

なんでっ???

重いガトーショコラ?

 

 

すぐ影響されちゃうタイプのようで(笑)

先日ランチに行った

ジャンポールエヴァンのカフェで

f:id:bonbonciel1013:20200326083821j:image

こんなの(ラズベリーとショコラのガトー)

食べて

そのあと

行った

ル・ショコラ・アラン・デュカス 

でショコラはさすがに(笑)

(こちらのラズベリーのジュース!

美味しいです!)

f:id:bonbonciel1013:20200326083841j:image

といったように

半日ショコラづいていた…

 

で、

ガトーショコラっす(笑)

 

エヴァンにもデュカスにも

全く及びませんけれども

 

我がボンボンショップの

ラインナップは

こんな風に

並んでいたりもするんです。

で、

半日ショコラとラズベリーだったくせに

イチヂク持ってくるあたりが

また私らしくもある。(笑笑笑)