お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

お菓子道具が無くても作れるスコーン その2

ミックス粉を使って作る

スコーンをご紹介しましたけど

家に粉あるし

ベーキングパウダーも

あるんだよね…。

って方も

いらっしゃるだろうと思いましたので

最小限の道具と材料

で出来るスコーンの

配合取りました。

材料と道具はこちら

f:id:bonbonciel1013:20200327131349j:image

粉 200g

ベーキングパウダー 4g

(粉に対して2%)

砂糖 20g

(粉に対して10%)

オイル 50g

(粉に対して25%)

牛乳(水分) 50g

(粉に対して25%)

塩 1g

(粉に対して0.5%)

 

配合も粉に対しての%で割り出しておくと

便利です。

例えば

粉を150gにしたいとき

ベーキングパウダーは

150×0.04=6g

とすぐ割り出せる

パン屋さんは

ベーキングパーセントって言って

こんな風に配合とったりしてるの

チラッと見たことがあります。

 

粉とベーキングパウダー、砂糖は

一緒にボールに入れ

フォークでしっかり混ぜておきます。

その中にオイルを少しずつ加え

ホロホロの状態に。

f:id:bonbonciel1013:20200327131359j:image

そこに牛乳を加えて

まとめ

何度が手で伸ばして

包丁で二つにカットして

重ねるを繰り返したあと

今回は三角にカットして焼成

成形の仕方や重ね方は

こちらを参照してくださいね

こんなときだから…ミックス粉使ってみよう - お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

 

f:id:bonbonciel1013:20200327131356j:image
f:id:bonbonciel1013:20200327131353j:image

形は自由にたのしんで。

前回焼成温度や時間について

質問いただきました。

それはご自分のオーブンのクッキーを焼成

する時の温度時間を参照なさってみて下さい。

あとは焼き色をみて判断!

この辺りはお任せするしか無いので(笑)

 

美味しくたのしく

ごんなときだから…

お家にあるもので作ってみて下さい