製菓理論専門家のお菓子よもやま話。

製菓理論の専門家がお菓子の話をのんびり綴ります。

窯の話…。

お菓子の自分ブランドを立ちあげる

為には

業務用を揃えないといけないのかな

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

特に'窯'…。

 

f:id:bonbonciel1013:20200419165930j:image

 

先日も

'家庭用と業務用とでは

シフォンケーキなどの浮き上がりは

違うんですか?'

って質問を受けたんですけど。

その時は

とにかく業務用でも家庭用でも

そのオーブン、そのオーブンで

違うから、自分のオーブンを

コントロールすることが大事

ってお応えしたんですけどね。

それは間違って無い答えなんですけど。

 

後からわかった事で

その方はどうやら自分で起業を考えていらっしゃるらしく、やっぱり起業するなら

業務用を揃えるべきなのか…っていう

お悩みも含まれていたようなんですね。

 

改めて

お応えするなら

ひとり営業の立ち上げならば

わざわざ業務用にしなくても

いいんじゃないかなぁ。

それとひとりで製造、販売するなら

小回りのきく小型のオーブンで回すという手もあるし。

 

業務用のオーブンだから上手に焼けるって

わけでは無いですから。

 

あくまでも生産性の問題。

業務用はたくさん一度に焼ける

という利点があるくらい。

 

実際私が

工房を立ち上げる際

業務用のオーブンを買った事を

施工会社の社長さんが

びっくりしてました(笑)

「岡本さん。窯買うとは思いませんでした。

家庭用の容量の大きいやつ2台くらいで回すのかと思ってましたよ」

 

そういうやり方もあるって事です。

 

私の知ってるシフォン屋さんやってる方も

まさに家庭用2台で回してます。

 

私は経験上

業務用の窯の方が慣れてますから

そっち買っただけで。

付け加えるならば

業務用でもうちのはほんとに小型タイプ。

家庭用2台と生産性はほぼ変わらないんじゃないかなぁ…

 

何を

どれくらい作って

売りたいか。

 

まずはそこから

イメージして

道具や機材を揃えていく事が

大事な気がします。