お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

気まぐれ枠のお菓子

f:id:bonbonciel1013:20200527135452j:image

今週のショップでご用意した

フルーツケーキ。

マフィンの動画をご紹介した時にも少し触れましたが

カップに対する容量によって

見た目のビジュアルが変わって

自分がどんな風にお菓子を表現したいのかが

変わってきます。

このフルーツケーキも実は

マフィンカップにも使えるプリンカップで

焼き上げました。

仕上げを逆さ仕上げにして

薄くグラスアロー。。。

いつものフルーツケーキとは

感じが違いますよね。

実際

配合も全く違いますけれど(笑)

 

定番の物以外は

気まぐれに何かしら思いつくままに

つくることも多いので

このフルーツケーキも

どんな仕上げにしようかとかは全く考えてなくて

焼き上がりの状態からイメージして

 

仕上げは逆さにしよ。

 

なんか上掛けしたいな。

 

そんな風に仕上げています。

なんという非効率っ!!!!(笑笑笑)

 

こういう事ができるのは

やはり、

ひとり営業だからでしょうね。。。

 

レシピ自体も無くて

なんとなく配合取って作ってますが

正直

お店に出せないとんでもないものが

出来上がる確率は

かなり低いです。

お店に出すつもりで作ってるから

当たり前と言えばそれまでですけれど(笑)

 

今回のフルーツケーキは

生地の感じと仕上げが気に入っているので

また作ることがあるかも知れません。

でも

気まぐれ枠のお菓子だから

わかりませんけれど。ふふふ。