お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

ナッツと生地の相性

f:id:bonbonciel1013:20200630154825j:image

クッキーとナッツ類…

もともと相性はほんとによくて

ナッツクッキーの種類も

ほんとにたくさんありますよね!

だいたいどんなクッキー生地にでも

大抵そんなに違和感は無いですもん。

 

我がボンボンシエルの

人気のスノーボール、
うちのは軽くローストした
くるみを入れています。
何故、同じナッツ類でも
アーモンドとかでは無くて
くるみを入れているかというと

ちゃんと理由があります。

それは
うちのクッキーの生地との
相性なんですよねぇ…。
生地に対して
ちょっとナッツ類の中でも
柔らかい口当たりのくるみは
生地のホロホロした感じを
邪魔しない気がして、
それでいてちょっとだけアクセントを
きかせたい…そんなイメージ。

アーモンドのようなナッツだと

あのカリッとした歯応えが

生地に対してちょっと強いかなって。

 

逆にホロホロとした生地に

カリッとしたアーモンドの歯応えの

コントラストが面白いという考え方も

もちろんありですが、うちのとは

ちょっと違うんですよね…。

 

考え方は

作り手それぞれだから

お菓子は面白いです。

 

自分のブランドを作りたいと

思っている方は

自分のお菓子に対する考え方をしっかり

持ってると方向性が見えてきて

どんなお菓子が作りたいのかが

明確になってきます。

クッキーひとつのアイテムの中にも

何をプラスするのかで

自分のこだわりが表現

できるようになりますよ。