お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

'焼き'の話

f:id:bonbonciel1013:20200803072754j:image

生地を仕込んだら

もちろん

'焼く'

となるわけですけど…。

仕込みもそうですが

この

'焼く'というのも

かなり奥が深いです。

製菓理論講座でも

1単元 '焼き'についての

テキストページを組み入れたくらい。

見落としがちなのが

予熱の重要性

そして窯の庫内温度についてかなぁ

窯にはその一台一台に個性があるので

いかに自分の窯と友達になるか

はたまた

新しく購入する際は

どんな窯が自分に向いているのか……

窯と向き合う必要があります。

 

「自慢の窯を持っている」

と言えていますか?

自慢できる窯があるというのは

「きちんと使いこなせてる」っと

言ってるのと同じ。

 

暑いですけど

改めて自分の窯を見直すと

'焼く'という事が

より深くたのしくなってくると

思います。

 

f:id:bonbonciel1013:20200803074129j:image

よく登場している

私の相棒❤︎

 

温度表示が

デジタルでは無いので

'感覚'で焼く感じです。

温度温度って言ってますけど

数字で何度。って

実は言い切れない(笑)

 

 

f:id:bonbonciel1013:20200803075837j:image

製菓理論オンライン20 詳細 | お菓子の学習塾そして焼き菓子店のblog