お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

気持ちの赴くまま

何故だかわからないけれど
無性にマカロンが恋しくなった日。

f:id:bonbonciel1013:20200817045018j:image

変なスイッチが
入って
気持ちの赴くまま
買いまくってしまった(笑)

f:id:bonbonciel1013:20200817045037j:image

 

 

'勉強の為'って
思いながらセレクトしていた
時期もしばらくあったけれど
あの頃はすべて
分析する様にお菓子を食べていたから

 

どこで買っても

食べに行っても

全部

分解して

「あーこの生地ジョコンドなんだぁ」

「このムースとジュレの組み合わせって」

って……

もしあの時

作り手の方が見てたら

かなり嫌な客だったと思います。

すいません。

 

さすがにマカロンは

分解まではしなかったけど

ここの焼きの感じは

とか

このクリームとの相性って…

って

食べるたびにぶつぶつ……

 

分析する様に食べてた時は

やっぱり仕事(勉強)で食べてるって感じ。

だから自分の好みが後回しになっちゃうんですよね。

 

あーあそこのあれも食べてみなきゃ

って話題になってるからとか

有名だからとか

そんな理由。

 

 

今は

そういう事考えないようにしてます(笑)

なんでかというと

シンプルに

美味しく食べたいから。

 

マカロンもいろいろ買ったけど

あーこの味好きだっ!

これはうーむ

美味しいけどやっぱりさっきのやつの方が

好きだな。

とか

自分の好みだけでの食べたい気持ちを優先。

 

よく聞く話だけれど

後何食食べられるかって

カウントダウンしなきゃならない

年齢にもなってきてるしねぇ…(笑)

 

さて

今回すっかり大人買いしてしまった

マカロン…

季節の限定ものも取り混ぜて

購入したんだけど

結局のお気に入りは

エルメ独特の複雑なマリアージュより

やっぱり定番の

オーソドックスなタイプだった(笑)

どこまでも

基本配合な私…。