お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

定番の商品

f:id:bonbonciel1013:20200905191234j:image

ボンボンショップで

ご用意しているアイテム。

シフォンとスコーン…。

f:id:bonbonciel1013:20200905191319j:image

シフォンは次の日にならないと

どんな焼き上がりなのかわからないので

型から外すまでちょっとドキドキします。

シフォン焼く人あるある…(笑)

そして実は今回

いつも違うやり方で生地を型に充填したので

そのあたりも結果が気になりました。

結果は想定通り綺麗に上がってくれたので

一安心です。

しばらく今回の充填の仕方を続けてみようと

思ってます。

シフォンの底上げの不安が解消されたら

いいなと思って…。

これもシフォン焼く人あるある……(笑笑)

安定してきたらやり方共有しますね。

 

スコーンも毎回

うまく上がってくれるか

焼き上がりまで未だにちょっとだけ

ドキドキします。

こちらのイメージとは違う動きを

窯の中でしてくれちゃいますから

傾いたり、変なところに亀裂が入ったり

いつもと同じあわせ

いつもと同じ折り込み

いつもと同じ型抜き

をしているつもりなのに…

(ただその時の生地温度や

その他の状態で調整はしています)

でも

なかなかピタッと同じにはなりません。

ま、機械じゃないので

ピタッと全く同じになってくれても

それはそれで味気ない気もしますけど。

ただ許容範囲っていうのがあって

そこから外れていたりすると

私はいったい何をやらかしたのだ?

と…(泣)

ただ最近は

自分で言うのもなんですが

かなり安定した上がりで

毎回、焼成した物は画像に収める事に

しているのですが

どの写真もほぼほぼ同じ感じなので。

'よしよしいいんでないかい…(ニヤリ)'

めちゃくちゃ仕込み焼成を愉しむ事が

出来ています。

 

定番の商品は

やはり作る頻度が多いので

安定していくのが当たり前ちゃ

当たり前なんですけれど

自分がイメージした感じで

仕上がってくれるのは格別に愉しいです。

 

そういえば…

自分がこう仕上げたい!

と思った通りに仕上げる事を目指して

製菓理論オンライン20の授業も進めています。

次の募集のスタートもそろそろですっ!