お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

休日に思うこと

今日は完全オフ日にしようと

思っていて

食べたかったのものを食べてやるぞ

お出かけしよう!

なんて思っていました!

天気も最高に気持ち良かったし……。

 

この間、夜ひょこり入った

お寿司屋さんが超絶美味しくて

ランチでバラチラシがあると知ってから

(私はバラチラシ好きのひとり)

思い焦がれていて

f:id:bonbonciel1013:20200928200217j:image

というわけでこちら。

 

最近気温がグッと下がって

嗚呼。モンブランが食べたい

f:id:bonbonciel1013:20200928200333j:image

というわけでこちら。

 

満たされた心と身体❤︎

ありがとうバラチラシ…。

ありがとうモンブラン…。

 

 

そして実は

ここほぼ1週間私工房使って

いなかったんですね。

ご注文の品をレンタルされている方の

作業合間にさささっと

焼くぐらいで。

 

ああ。工房が恋しいな。

私だけの工房に会いに行こう❤︎

 

以前自分の畑を持って

農業をしている女の子と

旅行に行った時、彼女が

「ああ、土が恋しいな、土に触りたい」

ってもう少しで旅が終わるタイミングで

呟いていたのを思い出します。

 

今日はお仕事じゃない作業をしたい…

というわけで

f:id:bonbonciel1013:20200928201722j:image

気になってたやつ…

f:id:bonbonciel1013:20200928201914j:image

お仕事じゃないとは言いつつ

あと何回か微調整して

お店に出すと思いますが(笑)

 

工房を誰かと共有するのが

嫌というわけでは全く無くて

逆にどんどん自分ブランドを立ち上げて

プロとしてちゃんとしたお菓子屋さんになりたいという方のサポートをしていく事を

どんどんやりたいって思ってます。

ここは言っとかないと。(笑)

 

ただただ窯に向き合ったり

ただただ生地を仕込んだり

をひとり黙々とする

その空間が落ち着くんですよね。

これは

他の現場にいた時には無かった感覚です。

いつも早く帰りたかったもん(笑)

 

自分の工房を持てた事は

私にとって本当にありがたい事で

あの時

えーいっ!やってしまえっ!

と勢いだけで作ってしまったのだけれど

私自身の心の拠り所でもあり

そして

これから工房を持ちたいと思っている方々に

利用してもらえる空間になっているのは

そのイケイケどんどんも必要だったのだなと

思います。

 

さて

明日からまた

愉しくお仕事いたしましょう!

 

 

 

本気でブランド立ち上げを

お考えの方に

製菓理論オンライン20 詳細 | お菓子の学習塾そして焼き菓子店のblog