お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

愛すべき私の相棒とサヨナラ

「え、お客さん本当に持って帰るのかい?」

 

「はい。持って帰りたいの」

 

「いやー送った方がいいと思うけどねー」

 

「ううん。絶対持って帰りますっ。」

 

なかば呆れながら梱包してくれた

段ボールを抱え

田原町の駅に向かって歩き出して

5分もしないうちに

 

…………送ればよかった(泣)

手持ちの重さじゃなかったわ……

激しく後悔。。。

今ではそれも、おもひで。。。

 

合羽橋で初めて

キッチンエイドの卓上ミキサーを購入し

抱き抱えて必死に持って帰ったあの日。 

 

卓上ミキサーは憧れで

欲しくて

欲しくて

そしてやっと手に入れたけど

しばらくはキッチンのインテリア化

してた時代もあり

でも、

ボンボンシエルを立ち上げてからは

本当によく働いてくれて

一度は修理に。

戻ってからもフル稼働。

よく本当に働いてくれた…

そんな

私の愛すべき相棒とサヨナラしました。

f:id:bonbonciel1013:20201009005759j:image

f:id:bonbonciel1013:20201009005821j:image

f:id:bonbonciel1013:20201009005846j:image

ミキサー回してると

かなり早くモーターが熱持ってくるように

なっているのを騙し騙し使っていて

いつかプツンの切れそうだなと

思ってました。

それに最近は工房を私では無い人が使う事も増えてきて、他の人が使用中に故障したら申し訳ないな。とも。

 

ただなみなみならぬ思い入れがあったものだから、廃棄の決心がつかなかった。

 

お願いした廃棄業者の

人が

「なんすかこれ?」

「あ、それ?ミキサーです。」

「あー…」

「それ、長年の私の相棒だったの」

「いいんすか?捨てちゃっても」

「…うん。いいの…」

センチメンタルに浸りまくってる

私に構う事なくさっさと片付ける業者さん。

そりゃそーだ(笑)

 

2代目は合羽橋まで足を運ぶ事なく

ましてや

抱えて帰ってくる事もなく

ポチって購入します(笑)

ミキサーの買い方ひとつでも

時代の流れを感じますな。

 

初代には何度も

「おつかれさま」を伝えたので

早いとこ

2代目に登場してもらわないと!

全く同じタイプを購入予定です。