お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

定番のアイテムをつくる理由

f:id:bonbonciel1013:20201118155350j:image

週末のショップ営業に向けて

仕込み焼成を繰り返しています。

f:id:bonbonciel1013:20201118155402j:image

'繰り返している'

ということは

だいたいやる事も決まっていて

まずは

これをやって

そのあと

これをこうしておいて

で、

これをこうする…。

その流れが

ちょっと違ってたりすると

f:id:bonbonciel1013:20201118155419j:image

ちょっとモヤモヤしたり

しちゃいます。

酷い時は失敗する(泣)

f:id:bonbonciel1013:20201118155435j:image

自然に逆らうと失敗につながる感じです。

 

やるべきことは身体が覚えているので

自然に、だから楽に作業ができている。

それに

勝手な負荷をかけてしまうと

身体も疲れます。

定番のアイテムを作る理由は

そんなところにもあるかもしれません。

 

毎回毎回違うものを提供するのは

本当にしんどいこと。

まずは定番を作る事をおすすめします。

 

ちなみに

ボンボンシエルでは

ディアマンというアイスボックスタイプの

クッキーをだいたい今5種類ぐらい

出していますけど

仕込み焼成の順番は

バニラ

紅茶

黒ごま

コーヒー

ココア

です。

やっぱり最後に

いちばん濃いめのタイプを…

 

あ、これ

ケーキを食べる順番も

軽いものから重いものへ…。

ケーキブィッフェなんか行って

最初にオペラに手出すのは素人っ(笑)

思いっきり

余談でございます(笑)