お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

作りたくなっちゃう話

f:id:bonbonciel1013:20201120182537j:image

午前中に

製菓理論オンライン20の授業があって

その単元が

バター生地だったりすると…

「カトルか……

焼くかぁ…」ってなります(笑)

ま、これはバター生地に限っての

話ではなくて

講義すると

作りたくなっちゃうんですよねぇ

話をした事を確認したいとか

そういう事じゃなくて

なんか

作りたくなっちゃうのね(笑)

f:id:bonbonciel1013:20201120182546j:image

'お菓子馬鹿'なんでしょうね

きっと(笑)

散々

喋って喋ってってやってるのに

まだ

作るのかっ?!あんたっ?!

笑笑笑

今回は

ちょっとレモン風味を

きかせてみたりして

生地にもゼスト

あ、レモン皮です。

焼き上がりは

リモンチェロとレモン果汁を

合わせたものでシロップを作って

軽くアンビベ(生地にシロップを打つこと)

最後はレモン風味の

グラスアロー(今回は粉糖を同じくリモンチェロリキュールとレモン果汁を溶かしたもの)で仕上げ。

熱く語ったあとなので

やっぱり生地感はいい感触に仕上がります。

理論と実習の融合(笑)