お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

受講生さんのその後〜「ラ・マラン」編〜

f:id:bonbonciel1013:20201221195354j:image

「先生、僕はね。

シフォンケーキが大好きなの。」

そう言いながら

受講していた彼…

特に水分や油脂の配合量変化による

生地感の変化については

かなり興味深く聞いてたことを

思い出します。

 

受講中には

「先生、僕ね

いろいろ調べて

'ラ・マラン'って屋号に

しようと思うの。」

f:id:bonbonciel1013:20201221195343j:image

「いろいろな種類をたくさん

10種類くらい作って……」

私は彼のそのビジョンを

聞いた時。

「いやいや、その種類を揃えるには

何回焼かなきゃいけないか

わかってます?」

ってちょっと

横やりを入れました。

f:id:bonbonciel1013:20201221195435j:image

彼は

ただただシフォンケーキが

大好きで

異業種からの起業を踏み切って

うちに受講しに来ていたから。

 

ひとりで製造するって事の

作業効率の事

ちゃんと伝えなきゃなって

思ったし、、、

彼が思っている以上に

アイテム数を増やすという事は

コスト高だし、、、

 

すごいハードル高い事なのよ!

そんな風に考えてたんです。

 

f:id:bonbonciel1013:20201221195438j:image

でも

彼は本気でした。

f:id:bonbonciel1013:20201221195432j:image

彼のInstagramを見てると

毎回

毎回

とにかく

違う種類のシフォンを

アップしてる

!!!!!!!!!!
f:id:bonbonciel1013:20201221195442j:image

作ってる!

研究してる!

すごい!

f:id:bonbonciel1013:20201221195746j:image

嗚呼

やる前に出来ないっなんて

少しでも考えちゃってる私。。。

大反省……。

まだまだ修行が足りない…。

 

彼曰く

「売れても、売れなくても

'いろんな種類がある'って

覚えてもらいたかった」と。

彼のブランディングは

そこだったんですよね。

彼の戦略。。。

 

コツコツと

続けて

今は卸先で

売れ残ることは殆ど無いそうです。

そして

「ラ・マラン」のシフォン目当てに

卸先の客数が増えたらしく

それを聞きつけた違う場所からの

オファーも!!!

今は

もっと売り上げを伸ばす為に

自分ひとりではなく

人を雇って

店舗を持つビジョンを

考え中だそう。

「ラ・マラン」さんの開業物語は

Instagramやblog

で詳しく見て、読む事が出来ます。

 

https://instagram.com/chiffon_meringue?igshid=4z3mmrul9ixi

シフォンケーキ専門店『ラ・マラン』

 

 

彼らしく

細かくいろいろ紹介して

くれているので

シフォンケーキの事はもちろん

シフォン屋さんになりたいと

思ってる方にはとても

参考になると思います。

 

そして

お近くの方はぜひ

種類豊富

他には無い

「ラ・マラン」さんの

シフォン

体験してみてください!