お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

明確な主軸はファンが付く

「先生、先生の一言で

踏ん切りがついて

アイテムを絞り込んだら

リピーターのお客様が

できたんです。

営業の度に来てくれるんです!」

 

f:id:bonbonciel1013:20201225152630j:plain

 

不定期、単発で

カフェ営業を

ご主人と二人三脚で

されている生徒さん。

本当は

お菓子メインで営業したいのに

がっつりランチメニューも

提供しなければならない現状に

モヤモヤされていました。

 

私がしたアドバイスは

メインとなるお菓子の

全面推し。

ランチで提供する

がっつり料理はやめて

ライトミールに切り替え

とにかくうちは

このお菓子をメインに

営業しています!

とアピール。

SNSでもお菓子だけアップ。

 

主軸はなんなのかが

明確にわかるように

してもらいました。

 

そしたら

今回の報告。

 

お菓子とライトミールの

提供はオペレーションも

楽になり、余裕も出てきたとか。

お客さんに試食をしていただいて

感想をいただいたりもできたと。

 

「他にもInstagramを通して

来店予約をいただいたりしてます」

とも。

 

わかりやすいと

見つけてもらいやすい

ということですよね。

そして

気に入っていただけたら

ファンになってくれます。

 

そして

彼女が言った一言

 

「がっつりランチを

やっていた時より

売り上げは少し減ってしまったけれど

充実感が全然違うんです!

これが

私のやりたかったことだったって」

 

続けていけば

がっつりランチを

やっていた時の売り上げより

多くなることは見えています。

だって

提供する側が

こんなに楽しそうなんですから。

 

理論とこんなコンサル風なことも

やってます(笑)