お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

理由は生地温度にあり

初窯のスコーンのご注文を

途切れること無く

いただいておりまして

有難い限りです。

f:id:bonbonciel1013:20210104220051j:image

自分で言うのもなんですが 

かなり

いい感じに仕上がって

くれているので

ほんとうに気持ちよく

仕込み焼成を続けています。

f:id:bonbonciel1013:20210104220104j:image

なんで?

こんなに調子いいのかな

ってちょっと考えてみたら

f:id:bonbonciel1013:20210104220116j:image

思いますあたる事が

ひとつ。。。

それは

私の技術力!

では無く(笑)残念。。。

'気温'

ですね(笑)

工房

極寒でございますっ!

窯ついてますけどっ!

その横で

成形してますけどっ!

生地

冷たいまんまです(笑)

 

生地の温度というのは

実は

生地状態において

とっても大事なポイント。

これは

スコーンだけでは無く

どんな生地にも言える事です。

冷たければいい

というわけでも

ありません。

 

その生地にあった

温度というのを

見極めるのも

大事なんですよね。

本当は。

 

気温が上がってきたら

生地、もう少し

休ませなきゃかなぁ

っと

極寒の中

思ってます。

 

みなさん

風邪などひかないよう

お気をつけて。