製菓理論専門家のお菓子よもやま話。

製菓理論の専門家がお菓子の話をのんびり綴ります。

生地状態の変化に意識を持つということ

 

f:id:bonbonciel1013:20210131002830j:image

 

f:id:bonbonciel1013:20210130234028j:image

 

動画を見てくれた方から

こんなメッセージをもらいました。

 

生地状態の違いを

見てくれてるのは

うれしいですね!

 

そういえば

専門学校講師時代。。。

生徒達に

「私の顔とか見んでよろしい。

生地状態の変化を見なさいっ!」

って

よく言ってたのを思い出しました(笑)

 

「ちがーうっ!

ボールの中見ろって言ってんのっ!」

 

とも言ってた。

こーわーい〜(笑笑)

 

生地状態が

どう変化しているのかを

捉えるのは

自分の生地のコントロールに

つながるので

ぜひ意識して作って欲しいですね。

どういう事かと言うと

それが

焼き上がりの生地の

粗さや細かさにつながるから。

 

生地って

粗いのも

細かいのも

それぞれに

個性があっていいと思うんです。

ただそれを

自分の意識のもとに

作っているかどうか。

作れるかどうかだと思うから。

 

ただ意識を持って

作ったとしても

ドンピシャの生地感には

なかなかなってくれないところが

お菓子の奥深いところでもあります。

ほぼほぼイメージ通りかな?止まり。。。

それでも

何も考えないよりはぜんぜんいい

動画は

そんな生地への

意識を持つきっかけにも

してくれたら

と思います。