お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

最新動画アップしました「4同割り カトルカール〜オイル編〜」

f:id:bonbonciel1013:20210202084318p:image

【自分レシピComplete  Note】

自分のレシピを見つけるためには先ずは基本のおさらいを!今回は4同割りにフォーカス!4つの材料を同じ量で作る「カトルカール」

オイル編です。

お菓子のプロフェッショナルである

“製菓理論の先生”が教える

「自分レシピを見つけるための動画」

「自分レシピComplete  Note」シリーズ!

今回は

「4同割り カトルカール オイル編」

4つの材料で構成するお菓子。

固形脂でなくても出来ます。

今回は液状の油でご紹介。

製法は別立て法で。

生地の浮き上がりがバターとは違うので

型に入れる生地量にも注目です。

この動画であなたの自分レシピ作りの

ヒントが少しでも見つけられたら

嬉しいです。

 

 

 


【自分レシピComplete Note】自分のレシピを見つけるためには先ずは基本のおさらいを!今回は4同割りにフォーカス!4つの材料を同じ量で作る「カトルカール」オイル編です。

 

 

 

今回は液状の油、オイルで

カトルカールを

1番注目して欲しいのは

やはり生地の浮き上がり。

今回は生地の乳化をしやすく

するように'別立て法'でつくりました。

でもこの浮きの良さは

メレンゲの力だけで浮いてるわけでは

無いんですね。

油脂の違いでの違い。

浮きが違うという事は

生地の食感も変わります。

どんな油脂を使うのかで

自分の食感を作ることもできる

という事でもありますね!

ぜひ作って比べてみてください。