お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

趣味から仕事へ、まずは意識改革!

趣味でのお菓子作りって

本当に楽しいですよね!

良い気分転換になるので

お菓子作りはオススメ!!!

f:id:bonbonciel1013:20210203233014j:image

でも

お菓子を極めたいと思うなら

いろんなものは

作らない。

あれもこれもやらない。

まずは

アイテムを決めて

そればかりをひたすら

ひたすら

作り続ける事。

 

お菓子屋さんが

お菓子を仕事に出来ているのは

常に

同じものを作り続けているからです。

いつもの感覚

いつもの生地状態

いつもの焼き加減

いつもの仕上げ

それを毎日、毎回

意識しながら作って

自分の所作にしていってる。

 

ひとつの事が

自分の所作レベルで

習得できれば

違うアイテムも感覚的に

捉える事ができますよ。

なんでも上手にできます。

 

いつまで経っても

うまくならないと

感じているあなたは

 

「今日はあれ作ってみよ。」

「今度はあれにしょ。」

「最近全然お菓子作ってないなあーー。」

「久しぶりに作りました!」

 

ってなってるはず。

たのしそうだからそれもよし。

 

でも

 

趣味から仕事にしたい

と思うなら

同じものを納得いくまで

毎日繰り返して作らなければ

そうならないです。

 

「毎回作ると食べきれない」とか。

「材料揃えなきゃならない」とか。

「作ると食べなきゃならないから

太っちゃう」とか。

考えているうちは

完全趣味止まりです。

その意識が変わらない限り

自分ブランドを立ち上げるのは

ちょっと先になっちゃいますね。

 

ひとりで自分ブランドを立ち上げてる人は

自分自身のスキルを上げるために

みんなリスク背負いながら

作ってるんですよね。

材料(つまりお金)を使い。

時間も使い。

試作を繰り返し、繰り返し

納得するまで。

 

だから売れる商品が

出来るんです。

 

自分のスキルを上げるために

どこか

「もったいない」って気持ち

持ってませんか?

必要な物や時間にブレーキをかけない事も

大事だったりします。