お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

窯と友達になれ!!!

質問しないで!

って言ってるわけではないので

そのあたりは勘違いしないで

欲しいんですけれども。。。

みなさん

どれだけ自分のオーブンと

向き合っているのかな?

って話。。。

f:id:bonbonciel1013:20210206170756j:image

「先生、何度で何分くらい焼くんですか?」

って

ほんとうによく質問されるので。。。

 

例えば

お菓子教室とか、学校とかで

その教室、実習室で焼いてるものに

対してならまあ、まだ

そこにあるオーブンなわけだから

そう聞くこともおかしくは無いかもしれない

けれど。

 

でも告白すると…

専門学校講師時代

生徒に

「先生!これ焼き時間どれくらいですか?」

って聞かれると

ちょっとイラっとしましたけど(笑)

デモやってるし

焼き上がりの状態も見せてる

自分の生地は自分で責任もって焼けや!

って(笑)こーわーい〜

 

窯に任せっきり感が否めないんで。

それで上手いこと焼けないと

窯のせいにする。

 

それって

窯のクセや機能をきっちり

わかってないからでしょ?

 

あと焼き上がりの生地状態も

ちゃんと見ればわかるはず

焼き色もそうだし

確認だってそこそこお菓子焼いてたら

わかるはず

竹串刺すなり、真ん中押してみるなり…

 

f:id:bonbonciel1013:20210206170837j:image

 

これは

専門学校の学生だけの

話では無い気がするんですよね。

 

例えば

本の通りの設定温度と時間で

焼いたのに上手く焼けないとか。

これって

失敗したのは

本のせいになってる。

 

まず自分のオーブンの機能やクセを

ちゃんと把握してかつ

生地の状態で焼き上がりの判断は

充分出来るはずなのに

 

焼き時間なんて

その時じゃなきゃ

わからないんですよ

あくまでも目安でしか無い。

それも

その人その人

使ってる窯違うんだから。

 

あんまり聞かれるので

私の製菓理論オンラインでは

「焼く」に特化した単元作ってます(笑)

 

f:id:bonbonciel1013:20210206171016j:image

 

テキスト作る時は

入れるつもりなかったんですけどね

ただただ

窯と友達になれ!!!

って事が言いたくて(笑)

「焼き」について細かくまとめてます。

 

オンライン受講後のみんなは

私に質問する時

「〇〇度で〇〇分焼いてみようと

思うんですけど〇〇〇〇は」

って言い方に変わりますね。

 

焼きを窯任せにしないで

窯と共に焼いていきましょう!