お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

'ただ混ぜる'から'どう混ぜる'へ

「ちゃんと理論を学びたい」

とおっしゃる方や

「お菓子の事を一から勉強したい」

とおっしゃる方から

受講の申込みをいただいています。

ありがたいし

理論を知りつつ

ご自身のお菓子作りを

確立される方が

たくさん増えたら

ほんとに嬉しい。

 

f:id:bonbonciel1013:20210212201607j:image

 

まさに

製菓理論という学問は

基本の基本

お菓子を作りあげる為の

学問ですのでね。

 

理論を知らずして

お菓子は作れないっ!

 

ってぇわけではないっ(ぺ○ぱ風(笑笑))

 

時を戻して(笑)語るならば

知らなくても

作れるけど

知って作ると

全然違うという事です。

これは

私自身が経験しているので

はっきり言える事なんですけど

 

私も以前は

レシピを追って作ってました。

材料のレシピ通りに作れば

上手く作れると思い込んでいたから。

ただ混ぜる

ただ立てる

ただ合わせる

ただ焼く

出来上がらないことは無い

だけど。。。そこまで。

 

どう混ぜる

どのくらい立てる

どう合わせる

どのように焼く。どこまで焼く。

これを追えるのは

理論を知らないと無理です。

レシピを追うのでは無く

材料の特性を追う

そうすると

どう扱うのかがおのずと

見えてくるんですよ。

どう混ぜて

どう立てて

どう合わせて

どう焼くかが

あなたの中で

しっかり確立される

だから出来る。

 

理論は

自分レシピの確立の指標でも

あるんですよね。