お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

どんな仕上げにしていくのかは。。。

f:id:bonbonciel1013:20210225155318j:image

生地を焼いて

どんな仕上げにしていくのかは

人それぞれだと思うので

基本なんでもアリ

だと思うんですけど

f:id:bonbonciel1013:20210225155326j:image

でも、どう仕上げるかで

実は食べた時の

食感とイメージの合致に

繋げられるかどうかも

大事だったりします。

 

私が昔昔

初めてひとりで飛行機に乗った時

サービスで出されたカップを

ジュースだと思って

口にしたら

コンソメスープだった時は

一瞬吐き出しそうになりました

おもひで。。。(笑)

ちょっと違うかな(笑笑)

 

今回ボンボンシエルチャンネル動画

にアップしたジェノワーズは

粉が多めの配合で

かなり重めのスポンジなんです。

苺スイーツ真っ盛りの昨今。。。

なんですけど

あえて苺を使わなかったのは

このジェノワだと

苺が使えないわけじゃ無いけど

ちょっと苺が負けちゃう感じ。

今が旬の苺のお菓子って

どれも苺が主役でしょ。

苺を美味しく食べる為の

軽めのスポンジやクリームの方か

しっくりくるし

食べ手もそれをイメージしてますよね?

f:id:bonbonciel1013:20210225155345j:image

このジェノワーズは

ジェノワーズ自体にもかなり

主張があるので

クリームとジャムで

シンプルに仕上げ

ジャムはブルーベリー。

クリームに加えるジャムの量を調整して

クリームの濃さを変えています。

スポンジにはリモンチェロという

レモンのリキュールとレモン汁を

あわせて

たっぷりアンビベしました。

(生地にシロップやリキュールを

染み込ませる作業)

シンプルだけど

クリームとスポンジの食感は

いい感じのバランスに

仕上がっています。

 

どういう配合で

どう焼いて

どう仕上げ

どんなイメージで食べてもらうか

全てがバランスですね。